婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

他人は他人 自分は自分

 

婚活において、「他人を羨むのは止めましょう!」は、大事な心構えです。(ちょっと大谷選手みたいですが…笑)

 

とはいえ、突然、友だちや、同級生が結婚することを聞かされて、しかも、そのお相手が「素敵な人」であったなら、「いいな~」と、それぐらいの感情は抱くと思います。

 

でも、羨む、嫉妬する、ましてや妬むといった、そんな、1mm足りとも“自分にとってプラスにはならない感情”を、抱いてはいけません。

 

「私も頑張ろう!」と思う“前向き”の感情よりも、「なんだか面白くない…」といった“後ろ向き”の感情の方が強くなり、なかなか、そこから浮上することが出来なくなってしまいます。

 

ですので、あくまでも「他人は他人 自分は自分」です。

 

それは、言うは易し行うは難し、かもしれませんが…

 

それでも、「そう思い込むこと」が大切です。

 

 

世の中、端から見ていると、「素敵!」「凄い!」「羨ましい!」と思うことは、星の数ほどあると思いますが、でも、その当の本人たちは、「そうでもない」と思っているということも、これまた、星の数ほどあると思います。

 

その最たるものの一つが「結婚」だと思います。

 

他人から見て「どう思われるか?」なんていうのは、二の次、三の次です。

 

結婚の本質である「自分自身が幸せと感じられるか?」は、他人が判断できることではありません。

 

「他人は他人 自分は自分」です。

 

 

他人は他人 自分は自分