婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

【ご成婚レポート】36歳・大学院卒・公務員男性 ~お相手は同じ公務員・ひとつ年上の女性~

 

先週末、8月に成婚された愛知県在住・36歳の男性会員様が、お相手の女性と一緒に、九段下の事務所までご挨拶にお越し下さいました。

 

大学院を修了され、現在、農業振興の分野で活躍されている、大変優秀な公務員の方です。

 

性格は、真面目で穏やか、そして、若いながらも、しっかりと結婚資金も貯蓄されているなど、「こんな方と結婚したら、安心で、穏やかな人生が送れそう!」と思わせてくれるような本当に堅実な男性です。

 

入会案内の時に、「どんな女性との結婚を望みますか?」と、ご希望をお伺いしたところ、「真面目で落ち着いていて、どちらかというと、おとなしめの感じの方がいいな…と思っています」と。

 

何人かとのお見合いを経て、そんな彼の前に現れたのは、まさにその言葉をそのまま形にしたような女性でした。

 

彼女は、彼よりひとつ年上の37歳。地元国立大卒の女性。

彼と同じく公務員の方で、教育関連の分野に携わっていらっしゃいます。

 

 

お見合い当初から、彼女に心を奪われていた彼は、「何とか、このご縁を進めたい!」という強い思いがあったのですが…、逆に、その思いが、「焦って、返事を急いで、ひかれてしまれては…」という慎重な対応にも、彼をさせていました。

 

交際の進め方は、人それぞれで、バンバン前に進めていくほうが良い場合もあれば、ゆっくり、慎重に、進めたほうが良い場合もあります。

 

お相手の相談所の担当カウンセラーから聞いていた、彼女のご性格からも、私も当面は、ゆっくり、慎重に、自然に任せた交際のほうが、二人には合っていると考えていました。

 

そんな交際を続けるようになって2ケ月近く経ったある日、

 

カウンセリングで、彼に状況を伺っていると、「最近は可もなく不可もなく、順調だとは思うのですが…」といった答えが返ってきました。

 

それまでのカウンセリングでは、どんな些細なことでも「何かしらの前向きな進捗」の話が彼から聞けたのですが、その時は「現状維持」でした。

 

「これは、今までの交際方針を変えるべき時期」と判断し…

 

 

「そろそろ、勇気を出して積極的に動きましょう!」ということを、彼に伝えました。

 

お相手の担当者からも彼女のお気持ちを、それとなく伺ってもらい、タイミングを見計らって、彼から彼女に、次のステップ(真剣交際)に進みたい旨の告白をすることになりました。

 

結果はOK

 

本当は、彼女も、彼の気持ちを知りたかったそうです。

 

その後の交際は順調に進み、晴れて成婚の運びとなりました。

 

 

 

あまり恋愛に自信がない、臆病になってしまうこともある。

そういう方もいらっしゃると思います。

 

それでも、気にせず、恥ずかしからず、何でも相談していただきたいと思っています。

 

イー・マリッジは、そんな方を全力でサポートさせていただきます。

 

 

彼とは、お仕事が終わって、お家に着いてちょっと一息つける、夜22時頃に、よく電話でお話を伺っていました。

 

イー・マリッジはもともと海外駐在の方の婚活をサポートしている結婚相談所です。

 

遠距離での婚活サポートに自信を持っていますので、海外だけではなく、もちろん日本全国どちらにお住いの方でも、しっかり成婚まで導きます!