婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

【成婚退会のご報告】35歳・女性会員様

 

昨日、35歳の女性会員様が成婚退会の報告に来てくださいました。

 

お相手は、中国・シンガポール・香港と海外駐在を経験された、39歳のビジネスマン。

とても穏やかで、何でも受け止めてくれそうな安心感のある、頼もしい男性です。

「彼と一緒にいたら、すごく安心できそうですね!」と言った私に、「そうなんです。ふふっ」とちょっと照れ笑いをしていた彼女が、本当に幸せそうで、初々しくて…。

その様子に、私自身も心から嬉しく感じました。

 

 

昨年11月末に入会されて、3月上旬にお見合い、それから2か月後のプロポーズ、成婚退会となりました。

 

2020年春まで、3年間インドに駐在していた彼女は、アジアやアフリカを出張で飛び回っていたキャリアウーマン。

お仕事を続けることに理解があって、彼女と同じく、海外経験をお持ちの男性とのご縁を希望していらっしゃいました。

 

なので、ご入会後すぐ、条件に当てはまるプロフィールの男性を中心にお見合いのお申し込みをしていたのですが、なかなか思うようにマッチングせず…。

そうしているうちに繁忙期に入ってお仕事が忙しくなってしまい…。
これからどのように婚活を進めていこうか…と、少し立ち止まってしまっていました。

 

そんな時に、「以前にお申込みを頂いたのですが、その時は年末で忙しくお見合いができませんでした。ぜひお会いしたいと思っているので、今度はこちらから申込みをさせて下さい」と、彼からお申込みが入ったのです。

 

実は、一度お申込みを断られたことが若干ひっかかっていたそうなのですが…(苦笑)実際にお会いしてみたら、いろいろと共通点が多く、お話も考え方も合って…。

 

いつも自分の考えや思いをきちんと言葉にして伝えることができる彼女は、彼にとっても、どんなことを考え、何を求めているかがわかりやすく、心落ち着く、信頼できるパートナーと感じたようです。

お二人の仲が進展するのに時間はかかりませんでした。

 

 

「指輪を箱パカっていうのに憧れるなぁ」というのを、彼女が以前に話していたのを覚えていてくれて、プロポーズの際は、なんとレストランで(!)彼女の横にひざまずいて、箱パカをして下さったそう。

「すごく恥ずかしかったんですけど、どう渡すかを考えました」と照れ笑いしていらっしゃいましたが、でも、そんな恥ずかしいことを彼女のためにやってくれる彼なら、きっと彼女のことを一生大切にしてくれるはず。

 

いつまでもお幸せに!

 

 

イー・マリッジは「高学歴女性の婚活」を全力でサポートさせていただきます

高学歴女性の方へ