婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

お見合い相手を選ぶにあたっての基本的な心構え

 

定食屋だったら選べる

 

Aランチ、Bランチ、Cランチ、日替わり、焼肉、生姜焼き、からあげ、とんかつ、チキンカツ、ハンバーグ、鯖の塩焼き、お刺身、野菜炒め、麻婆豆腐、八宝菜、餃子etc…

 

和洋折衷、バラエティーにとんだ、沢山の種類がある定食屋さんに入ったら、「どれにしよう〜」とあれこれ思い悩む人も多いのではないでしょうか?

 

「あれも食べた〜い、これも食べた〜い」と。(笑)

 

でも、その定食屋さんが、家の近くや職場の近くにあって、またいつでも来れるのなら、そんなに悩む必要はありません。

 

とりあえず、今、食べたいものを食べて、次に来るときに、また別のものを注文すればいいだけのことですから。

 

 

なぜか婚活だと選べない

 

結婚相談所にはたくさんの人がいらっしゃいます。

 

イー・マリッジが加盟している日本結婚相談所連盟IBJだけでも約7万人の会員様がいらっしゃいます。(ちなみにイー・マリッジはIBJ以外にも、日本仲人連盟NNR、日本ブライダル連盟BIUにも加盟しています)

 

たくさんの人がいればいるほど、“選択肢”が広がり、それだけ自分に合った相手と出会える可能性が高くなると言えます。

 

でも中には、なかなか「お相手を選べない…」(お見合いを申し込めない)と悩まれる方もいらっしゃって…

 

その理由が、定食屋さんみたいに「あれも食べた〜い、これも食べた〜い」というものであればそんなに問題はないのですが…(優先順位をつけて順番に申し込んでいけばいいだけのことですから)

 

ですが“ちょっと”厄介なのが…

 

お相手のプロフィールを読み込んでいくうちに「条件は希望通りなんだけど“ちょっと”背の高さが…」「見た目はタイプなんだけど“ちょっと”趣味が…」「全体的には悪くはないんだけど“ちょっと”トキメクものが…」等々。

 

そんな“ちょっと”が段々大きくなっていって「この人との結婚は考えられない!」と、お見合いを申し込んでもいない、そもそもお相手が会ってくれるかどうかも分からない段階から、自分で結論を出してしまうという方がいらっしゃいます。

 

それだけ結婚に対して真剣なのだとは思いますが、でもそれは“ちょっと”、考え過ぎなのだと思います。損をしています。

 

 

プロフィールだけじゃわからない

 

婚活を上手くいかせるコツの一つは間違いなく「たくさんの人と会うこと」です。

 

プロフィールを読んだ瞬間に「絶対に無い相手」と会う必要は全くありませんが、自分が希望するものを一つでも二つでも持っている、お相手であれば積極的に会ってみる(お見合いを申し込んでみる)べきです。

 

イー・マリッジは、自所の会員様の“プロフィール作り”をとても大切にしています。必ずと言っていいほど、作成時にはアドバイスさせていただいています。

 

そのプロフィールだけが、まだ見ぬ結婚相手に対して、唯一、会員様の存在を知らしめる手段ですから。

 

ですが、それでも、そのプロフィールだけが全てではありません。

 

実際に会って、話して、同じ空間を共有して、初めてわかることがあります。

 

 

ダメだったとしても、それはそれで次があるから

 

ですので、“ちょっと”「違うかな〜」とお相手のプロフィールを読んで感じたとしても、実際に会ってみたら、そんなことは補って余りある、ただの杞憂に終わる…なんてことは、結婚相談所の婚活では数限りなくあります。

 

逆にプロフィールを読んだ時には「完璧!」と思っても、実際に会ってみれば「違った…」ということもあります。

 

なので、結婚相談所の婚活でも…

 

定食屋さんと同じように「注文したものが“ちょっと”自分の思っていたものと違ったとしても、また次に来たときに別のものを注文すればいい」と、それぐらいの感覚でいることがとても大事なことです。

 

そうすれば、いつか必ず、最高に美味しいものに出会えるはずです。