婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

【成婚退会のご報告】32歳・東京大学卒・女性会員様

 

昨日、32歳の女性会員様が、成婚退会の報告に来てくださいました。

東京大学法学部卒で、大手有名企業の総合職の彼女。

29歳からの2年間、アメリカの大学院への社費留学も経験されたキャリア女性です。

 

お相手は、同じ32歳のIT企業にお勤めの男性です。

(大阪大学卒でアメリカでの勤務経験もある方です。)

 

 4月の初旬に入会され、その2週間後には お見合いをして、それから1ケ月ちょっとの交際を経て、5月末には真剣交際へ進まれ、この度、成婚の運びとなりました。

 

ご入会から、3か月という、”スピード婚”です。 

 

 

ですが、彼女が、初めてイー・マリッジに来られた時には、「”東大卒” と言ってしまうと、なんだか引かれてしまうような気もして…なるべく 大学名は伏せて、活動した方が良いんでしょうか?」と、そんな不安も持たれていて…

 

”東大卒” というバックボーンは、ことさらに自慢することは無いにしても、言うまでもなく、隠したり、卑下したりするようなことでは、当然のことながら全くもってありません。

 

 

ですが、こと ”婚活という場” になると…

そんな彼女のような不安を抱いている”高学歴女性”の方も少なくはありません。

 

 

ただの一時的な恋愛であれば、あまり気にしないのかもしれませんが…

”結婚”という、一生続く関係を想像した時には、そこにヒエラルキーの因子になりそうなものがあれば、予め排除しておこうと本能的に思ってしまう そんな ”男性” も、いるのかもしれません。

それが最も分かりやすい ”学歴”、しかも日本のトップの ”東大卒” なら、より、そういうことがあるのかもしれません。

 

 

ですが、あたり前のことですが、世の中には ”そうじゃない男性” も沢山いらっしゃいます。

そういった不安を感じている女性が想像する、何十倍、何百倍もいらっしゃると思います。

(日本の男性も、そんな器の小さい人ばかりじゃありませんよ!笑)

 

 

ですので彼女には、プロフィールには、堂々と ”東京大学卒”と書くべきと、お話しさせていただきました。

 

 

結婚が決まった時の彼女の第一声は、「本当に優しくて、何でも聞いてくれて、仕事のことも理解してくれて、決断力もあって…。こんな理想的な人に出会えてよかった!」でした。

(私も本当に幸せな気持ちにさせてもらえました!)

 

 

昨晩は、仕事帰りにお二人でお越しいただいたということもあって、時間も遅くなってしまったので、お見送りの際に、「貴重なデート時間を削ってしまってすみません。今からじゃお店も開いてなくて…」と、お詫びしたところ…

 

「全然大丈夫です。私たちのデートって、コロナ禍ということもあるんですけど、ず〜っと、二人で歩きながら話すんです。交際中もそうでした。皇居の周りを二周とか三周とか歩いちゃうんです」と、そう楽しそうにおっしゃられて。

 

その二人の笑顔に、幸せな未来が確信できました。

 

おめでとうございます。

 

 

イー・マリッジは「高学歴女性の婚活」を全力でサポートさせていただきます

高学歴女性の方へ