婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

ギャップも楽しい

最近、半分?何かしらの仕事をしている時に、テレビを付けっぱなしにしていることが結構あって…。
ストーリー性のあるものだと、“がっつり”見ちゃうこともあるので、なるべく「歌番組的」なものにしています。

(何か、音が合ったほうが、逆に集中できる時もありまして…)

今日は、NHKの「我が心の大阪メロディー」を夫と見ていました。

(というか、流していた感じですが…)

(アナウンス)

「オープニングは今年も、上沼恵美子さんに歌ってもらいます“大阪ラプソディー”」

“あの人も、この人も、そぞろ歩く宵の街~”と始まる、曲です。

(夫)

「へ~、上沼恵美子さんって、歌上手いんだ~」

と、パソコンで何かしながら、つぶやいて?いました。

(私)

「そうだよ~、覚えてるけど、昔、姉妹で漫才もしながら、歌も歌ってたよ」

(夫)

「ふ~ん、そうなんだ、上手いよね。元々、マルチな才能の持ち主なんだね」

(私)

「う~ん、マルチっていうか…、そもそも、上沼さんの歌だからね」

(夫)

「えっ、そうなの?大阪ラプソディーって、上沼さんの歌なの?」

夫は、大阪ラプソディーは聞いたことがあって、知ってはいたのですが、上沼恵美子さん(海原千里・万里)の曲だということは知らなかったそうです。

上沼さんが、大阪の大御所で、M1の審査員ということは知っていたようですが…歌手であったということは全く知らなかったようです。

「大阪ラプソディー」をWikipediaで調べてみると、1976年リリース。
夫は幼稚園、私は小3か、小4。確かに最も記憶に差がでる頃かと…

まさに“世代ギャップ”

結婚してから、そういった「あれっ?話しが噛み合わない…」といった、そんなことは、ちょくちょくありましたが、まあ、それはそれで、なんだか、面白くて…

一般的に、「年齢の近い人と結婚したいです」と、言われる方は多いです。

もちろん、よほどの年上好きや、年下好きでない限り、なるべく歳の近い人というのは、当然のことだと思います。

ですが、他の理由としては「話しが合わないから」というのがあります。

世代ギャップがあると、共通の話ができないから…と。

確かに、スムーズな会話をするためには、そうかもしれませんが、そもそも、同世代だとしても、同じ人生を歩んできたわけではないので、話しが完全に「一致」するということはありません。

当然、何もかも「話が合わない」となってしまえば、好きになることは難しいですが…、
趣味が合うとか、興味のある方向性が一緒であれば、「世代ギャップ」はそんなに、気にしなくてもいいような気もします。

むしろ「へえ~、そんなこと知っているんだ?」「そんなこと知らないんだ?」と、
男女どちらが上でも下でも、結構そういうのも、いつも新鮮で面白く感じるものですよ。