婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

質問地獄

 

「休日は何をして過ごされていますか?」

「どのような趣味をお持ちですか?」

「食べ物は何が好きですか?」

「どのようなお仕事をされていますか?」

「どちらのご出身ですか?」

「ご家族は?」

「ご兄弟は?」

「好きな季節は?」

「どんな子供でしたか?」

「小さい頃の夢は?」

「学生時代に得意な教科は?」

「好きなテレビ番組は?」

「好きなお笑い芸人は?」

 

等々々々々々々々々、そんな感じで“ただ質問だけ”し続けると…

 

「お前はストーカーか!」となってしまいますので気をつけましょう!(笑)

 

 

とは言っても、お見合い前に臨むにあたって、いくつか質問を準備しておくことは間違ってはいません。むしろNo Questionで臨んではいけません。

 

ですが、ただ単に、

 

用意していた質問を、一方的に投げかけるようなことがあってはいけません。

 

今さら言うまでもないことですが、お見合いはキャッチボールです。

 

ですので、準備してきた「質問集」はあくまでも、その会話のキャッチボールを始めるキッカケに過ぎません。

 

又、もっと言うと、その質問の答えなんて、どうでもいいこと(??)です。

 

“どうでもいいこと”と言ってしまうと、ちょっと語弊があるかもしれませんが…(笑)、ですが、あくまでも質問は、それを起点として、そこから会話を広げていくため“だけ”のものです。

 

 

ですので、大事なことは、質問の数を多く準備することではなく、その質問に関連した「自分の答え」を多く準備しておくことです。

 

 

例えば、「好きな食べ物は?」の質問なら、

 

「自分は何の食べ物が好きなのか?」

「なぜその食べ物が好きなのか?」

「その食べ物の良さは何なのか?」

「その食べ物に関するエピソードは?」

「その食べ物の作る方は?」

「その食べ物を食べさせてくれるお店は?」等々々々々々々々々

 

といった、多角的、網羅的に、その関係する“事柄”を、準備しておくことが、会話を広げるために、最も大事なことです。

 

 

ついつい、お見合いと言えば「質問」となりがちですが…

 

質問はあくまでも「コミュニケ―ションを図って、お互いのフィーリングを確認するため」のキッカケに過ぎないということをくれぐれも忘れないように。

 

お見合いの“基本のキ”です。

 

 

質問地獄