婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

「深く考えなければいけないこと」と「あまり深く考えなくていいこと」

 

「色々なことを深く考えてしまって、なかなか結婚できない」ということはあると思います。

 

とはいえ…

 

「あまり深く考えず、拙速に結婚してしまう」というのも、それはそれで、なんだか違うような気がします。

 

 

生活のこと、子供のこと、将来のこと等々、色々考え過ぎてしまって、「本当に、これでいいんだろうか?」といったループから出られなくなってしまうということはあると思います。

 

でも、あまりにも何も考えず、「なんとかなるさ!」と結婚を決めてしまうのも親や友達から心配されると思います(笑)

 

本来は、その中間ぐらいで結婚の決断ができるのが、いいのだと思いますが…

 

 

ただ、それはまさに、言うは易く行うは難しで、そんなに上手くバランスを取ることは、なかなか出来ません。

 

ですので、皆さん、悩まれるし、不安になるし、葛藤されるのだと思います。

 

 

なので…

 

もし、そんな感じになってしまった時の為のアドバイスを一つ。

 

結婚を決断するにあたり、「深く考えなければいけないこと」より、「あまり深く考えなくていいこと」の方が“圧倒的に多くて構わない”ということを、よく理解しておいて下さい。

 

せいぜい3:7ぐらいの割合です。

 

 

そもそも結婚というもの自体が、全く不確実なものです。

ほぼすべてが、これからのこと、未来のことです。

 

ですので、今、この時点で確実なものは、ほんの僅かです。

 

どんなに頑張っても、今、考えて解決できることは、せいぜい3割ぐらいのものです。

 

もしかしたら、その3割の確実なものは、ほとんどが「愛」かもしれません。

 

でも、それでいいのだと思います。

 

あとの7割は「なんとかなるさ!」で、二人で作っていけば。