婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

自分のことを、奥行深く、多面的に、立体的に話す

 

お見合いで「魅力的な人」と思われるには“自分のこと”を話すことです。

 

“自分のこと”とはいっても、住所や電話番号やLINE IDのような、そんな個人情報のことではありません。

 

“何気ない自分のこと”を、奥行深く、多面的に、立体的にイメージしてもらえるように話す、ということです。

 

 

例えば、「趣味は何ですか?」と聞かれたら、

 

「趣味は食べ歩きです」と答えるだけでなくて 、その理由 、その趣味に至った経緯、その趣味を通じて自分が得たこと、それをどう結婚生活に活かせるか?等々、

 

そういったことを簡潔に、多少のユーモアを交え、なおかつ、お相手に最大限の配慮をしながら話さなければいけません。

 

 

「そんなの、できないよぉ~(泣)」とおっしゃるかもしれませんが、

 

練習すればできるようになります!(断言)

 

 

「自分のこと」を徹底的に“考え抜く”ことを、婚活中に、何度も何度も繰り返していれば、必ず、できるようになります。

 

自分のことが本当に分かっていれば、どこをどう切り取っても、どこからどう攻められても、奥行深く、多面的に、立体的に、自分自身を説明していくことができるようになります。

 

「魅力的な人」と思って貰えるようになります。