婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

選択肢は「忘れる」しかないんです。

 

生まれ変わってやり直す(?)ぐらいしか“どうにもならないこと”に、ああだこうだ悩んでいても仕方がありません。

 

何をどうやっても、絶対に、“どうにもならないこと”なのであれば、とっとと「忘れる」。それが精神衛生上も、間違いなく良い方法です。

 

もちろん、婚活での話です(笑)

 

お見合いが成立しなかった…

お見合いで断られた…

交際終了を告げられた…

プロポーズされなかった…

 

といったような話です。

 

当然、その時は、辛いでしょうし、悲しいでしょうし、悔しいと思います。

 

「人生で最悪の日…」ぐらい、落ち込むこともあると思います。

 

でも、それはもう“どうにもならないこと”です。

 

特に結婚相談所の婚活は、普通の恋愛とは違い、厳格なルールの中で行われていますので、一度「終わった」ものが、再び「始まる」ことはありません。

 

結婚相談所で活動されている皆さんは、そのことを、重々「理解して」活動をされていらっしゃいます。

 

ですので、選択肢は「忘れる」しかないんです。

 

そして…

 

強がりでも、無理くりでも、少々嘘くさくても、「明るい未来だけを思い描く」のが“自分が幸せになるため”の最良で最短の方法なんです。

 

 

選択肢は「忘れる」しかないんです。