婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

“自分自身で決めた人”という“信念”

 

「自分は、なかなか決断ができないほうだから、婚活でも、誰かに後押ししてもらったほうがいい。そのほうが、きっと上手くいく」という思いの方もいらっしゃると思います。

 

婚活に限らず、何かを決断する時には、「誰かに背中を押して欲しい」「なにかしらの拠り所が欲しい」「自分だけでは決断したくない」と思うのは、ある意味当然の心理なのだと思います。

 

ましてやそれが人生に関わる“結婚”であれば尚更なのかと。

 

 

ですので「そういう方のために結婚相談所があります!」と声を大にして言いたいところですが…

 

残念ながら、結婚相談所は、決断の後押しはしません。

 

決断ができるための“材料”は提供しますが、後押しは絶対にしません。

 

 

その真意をお話ししておきますと…

 

結婚の決断をするにあたっては、どれだけ周りに何を言われようが、どれだけ紙に書いてある相手のプロフィールが素晴らしかろうが、どれだけ占いの相性??が良かろうが、そんなことはあくまでも“参考程度”に過ぎません。

 

最終的に決断する、しなければいけないのは、あくまでも、あなた自身です。

 

 

これから結婚をする方たちの夢を壊すようで大変申し訳ありませんが…

 

結婚は必ずしも良いことばかりではありません。

 

「こんなはずじゃなかった!…」ということも、起こるものです。

 

 

でも、その時に、それを乗り越えていける力の源は、

 

“自分自身で決めた人”という“信念”

 

 

それしかありません。