婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

ダメな男を選ばないために

 

「男を見る目が無い」というのは“ヤバい”です。

 

かつて、ダメな男ばかりを好きになってしまうエピソードを取り上げた「だめんず・うぉ~か~」といった漫画が流行りましたが…

 

でも実際に、結婚した相手が、本当に「ダメな男」だったら、笑って済ませられることではありません。

 

一概に「ダメな男」と言っても、「ちょっと優柔不断」「あまり人の話を聞かない」」といったものから、「働けるのに働かない」「暴力を振るう」といった“致命的”なものまであります。

 

もちろん“致命的”な男性は、お相手の候補としては、そもそも対象外です。

 

もし結婚するまで、その“致命的なダメさ”が分からず、結婚後に発覚したとしたら、即、離婚理由にもなることです。

 

ですので、婚活をするにあたっては「男を見る目」はものすごく大事です。

 

 

ですが…

 

「そんなこと言われても、どうやって見極めればいいか分からないよ~!」という方もいらっしゃるかと思いますので、その方法を伝授したいと思います。

 

見極める方法は、『すべて、相手に聞いてみることです』

 

「えっ?そんなこと…」と思われるかもしれませんが、意外とそれができていない人がいると思います。

 

「そんな立ち入ったことまで聞いちゃ、悪いような…」といった気持ちになるのかもしれませんが、婚活は、只の恋愛とは違い、結婚することが目的です。

 

一生、一緒に、同じ屋根の下で、ある程度、経済も補完し合って生きていくのが結婚です。

 

ですので、仕事のこと、将来のビジョンのこと、性格で気になること等はよく聞いて、場合によっては「DVなんかしたら、即離婚だからね、慰謝料いっぱいもらうわよ!」ぐらい、事前に宣言しておいてもいいと思います。

 

(詰問するのではなく “やさしく” お願いしますね。笑)

 

 

それに対して、全部が全部は定まってはいなかったとしても、多少たどたどしかったとしても、自分の言葉でしっかり語ってくれる人、そして「絶対に暴力なんて振るわないよ!」とハッキリ言い切ってくれる人を、選んでください。

 

 

ちょっと、極端に振った話をしましたが…

 

 

結婚の決断をする前には、どんな些細なことであっても「すべて聞く」、お互いに「すべて話し合う」ということが大事です。

 

 

ダメな男(ダメな女)を選ばないために。