婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

「妥協しなさい!」と言われても…

 

「妥協しなさい!」

 

結婚相談所の“THE お見合いおばさん”(?)が、婚活で悩んでいる人に、なんだか、よく言いそうな「アドバス」なのでは…?と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが…(笑)

 

ですが、婚活が上手くいってない人に、婚活カウンセラーが、「あなたは理想が高すぎるのよ!」「だから結婚できないのよ!」と、アドバイスをしてみて…

 

それで、お相手の希望年収を800万円から700万円に、希望年齢を38歳以下から40歳までにしたとしても、そのカテゴリーには、カテゴリーで、必ず他のライバルがいますので、簡単に出会えて、簡単に結婚できるわけではありません。
(なので、イー・マリッジではそういったアドバイスはしません)

 

ただ、「妥協」ではなく、「より幸せになれる可能性を探すこと」としては、意味のあることだと思います。

 

具体的には、希望年収を700万円に下げたとしても、住宅手当等の福利厚生が充実している会社に勤めている人(または手当てが増える海外転勤のある人)であれば、年収100万円ぐらいの差は、余裕でカバーできるはずです。

 

また、希望年齢を3~4歳上げたとしても、見た目年齢、肉体年齢が実際よりも「若い」と思える人を選べばいいと思います。
(人は30代40代にもなると、若さを保つことは、男女問わず「その人の努力次第」ですので…)

 

「自分の理想とする人が、どこにも、いない~!」と、てんぱって、先が見えなくなっているのなら、ちょっと目先を変え、ちょっと自分の希望を組み替えてみれば、実は、世界はまだまだ広がります。

 

「35億」ではないですけど…(なつかし~笑)

 

自分が思っている以上に、世の中も、結婚相談所の中も広いです。
そして、自分が思っている以上に、「幸せ」は限定的なものではありません。