婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

無理に相手の気持ちを知ろうとしない

 

婚活をしていると…

 

「この人…、私のこと、どう思っているのだろう…?」と、そんな風に考える場面があると思います。

 

 

むしろ、「きみが好きだ!」から始まる、普通の恋愛よりも、そんな風に考える場面は多いのかと。

 

そういう意味では、婚活は、結構、しんどいものです。

 

 

“恋の駆け引き”で、最も“キーになるもの”は“相手の気持ち”です。

 

「相手が自分をどう思っているか?」

 

“それ”が分かれば楽です。その後の戦略は立てやすくなります。なにより自分の気持ちに余裕がでます。

 

 

ですが、結婚相談所の婚活では、最後の最後まで“それ”が分からないことが多いのが実際です。

 

「きみが好きだ!」「あなたが好き!」と宣言してしまったら、ほぼそれが結婚相談所の婚活のゴールです。

 

そう言ってしまったら、絶対に成婚しなければいけないという訳ではありませんが(笑)、それでも、それを口に出すということは、それなりの覚悟と責任が必要になります。

 

 

ですので、ここで一つ、結婚相談所での“婚活の心構え”をお話ししておきますと…

 

婚活中は「無理に相手の気持ちを知ろうとしない」ことが大事です。

 

それよりも、「自分が好きなのかどうか?」だけに重きを置くべきです。

 

 

それは、恋の駆け引きとは無縁のものですし、ともすれば「自己中」とすら感じるかもしれません。

 

でも、婚活はそれでいいんです。

 

 

無理に相手の気持ちを知ろうとする必要は無いんです。

 

男女問わず、自分が好きなら“その気持ちを相手に真っすぐ伝える”

 

それだけです。

 

 

それが最もシンプルに、最も幸せに近づくことができる、唯一にして絶対の、“婚活の心構え”です。

 

 

無理に相手の気持ちを知ろうとしない