婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

少しだけ「順番」を入れ替えてみたら変わることもある

 

「男性は論理的で、女性は感情的」などと、全く根も葉もない言説??が語られることがありますが…

 

でも、もしそれが“そういうもの”であるとしたら「それを逆手に取ってみてもいいんじゃないか?」と思ったりもします。

 

 

例えば、ただただ理屈だけを並べる男性と、限りなくメンヘラに近い感情的な女性が、お見合いをしてみたとしても、お互いに「へっ?…」という結果になると思います。(極端な例ですが…笑)

 

それは、そのお見合いの総括としては、単に「合わなかった」というだけのことではあるのですが、もしそこに「もう少し、なんとかならなかっただろうか…」といった心残りがあったとしたら…

 

 

男性:「次のお見合いでは、もう少し自分も感情的になってみようかな~」、

女性:「次のお見合いでは、もう少し自分も論理的になってみようかな~」、ぐらいの、そんな“チャレンジ”があってもいいような気がします。

 

 

論理的と感情的は、一見真逆で“エクスチェンジできないもの”と感じるかもしれませんが、少なくとも「男女間」では、そんなに難しいことではありません。

 

 

男性:「なんで?」と思う前に、先に「そうだね」と言ってみる。

女性:「そうだね」と言う前に、先に「なんで?」と思ってみる。

 

 

少しだけ「順番を入れ替えてみる」だけで、全く真逆だった二人のベクトルの向きが変わっていくことも「男女間」では往々にしてあることだと思います。