婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

「料理が上手くなりたい!」と何が違うの…?

 

「自力で結婚できるなら、結婚相談所に来る必要なんて無い」と言われれば、それはその通りです。全くそこに異論はありません。

 

ですが…

 

「結婚相談所は、自力で結婚できない人が来るところ」と言われると、それは正しくはありません。間違った解釈です。

 

ただ言葉の順番を入れ替えただけの、裏表の言い回しだけで、意味は同じように思うかもしれませんが、全然違います。

 

その解釈の仕方一つが、結婚相談所というものの存在意義に誤解を与えているのだと思います。

 

と、なんだか訳の分からないことを、勝手に のたまわっていますが…(笑)

 

何を言いたいのかと申しますと…

 

現代の結婚相談所は、自力だろうか、他力だろうが「結婚できない人」が来るところではありません。

 

シンプルに、ただただ「結婚したい!」と思っている人が来るところです。

 

 

例えば…

 

「料理が上手くなりたい!」と思っている人が、ネットやYouTubeを観ながら自力で頑張ってみるのもいいですが、誰か他の、料理が上手な人に習ってみても、それはそれでいいことです。

 

 

要は、どんな方法でも、料理が上手くなれば、それでいいんです。

料理が上手くなるまでのプロセスよりも、いち早く上手く作れるようになって、毎日美味しいものが食べられて、それによって自分が「幸せ」と感じられるようになることが、大事なのですから。

 

 

ものすご~く、ざっくりとした例で話していますが…(笑)

 

 

結婚相談所とはそういうところです。