婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

婚活フィルター

 

結婚相談所に入会したら

 

ハッキリ言っておきますと…

 

どんな人でも、結婚相談所に入会したら“理想”が高くなります。

 

 

なぜ理想が高くなるのか

 

それは…

 

・せっかく、お金を払って結婚専門店(?)で婚活するのだから、「今までの自分の環境では出会えなかったような相手を!」といった思いになる。

・お見合い候補を探す時に、お相手の条件が データで ”見える化” されているので、「もっと良い人、もっと上の人」といった思いを誘発させやすい。

 

の二つが主な理由です。

 

 

今まで出会えなかったお相手を!

 

一つ目の、「今まで、出会えなかったような相手を!」といった思いになることは、とてもいいことです。

 

“それ”が、結婚相談所の最大の“特徴”であり、最大の“メリット”ですので、どしどし“理想”を高くして貰って構いません。(せっかくお金を払っているのですから…笑)

 

 

もっと良い人、もっと上の人

 

ですが、二つ目の「もっと良い人、もっと上の人」は、婚活の最大の諸刃の刃になり得るとも言えます。

 

事前に、お相手の詳細なプロフィールが分かっているということは、実際に会ってから「えっ?」ということを回避することに繋がりますし(結婚相談所は入会の際に、公的証明書を全て頂いています)、自分の条件に合った“フィルターを通った人”だけに、効率的に会うことができます。

 

ですが問題なのは、そのフィルターの目を細くし過ぎてしまって際限なく”スペック”だけを追い求めてしまうことです。

 

家電製品やパソコンやスマホであれば、全てのスペックが「自分が満足できるものでなければ買わない!」でも、それはそれで良いのかもしれませんが…結婚はちょっと違います。

 

人間は機械では無いので、ペーパー上でのスペックが“パーフェクト”であることが、未来永劫、自分の“最良の人”であり続けるかどうかは分かりません。

 

 

優先順位を考えてみる

 

 

もちろん、見た目・年齢・身長・職業・収入・家族構成・趣味・結婚後の希望等々、自分がお相手に求める条件を外す必要はありません。

 

ですが、別に、その内の優先順位の低いもののいくつかは外してみても「大勢に影響はない」というのが“結婚の本質”なんだと思います。

 

 

お相手のプロフィールデータを見て、ただ機械的にチェックしていくだけの婚活は、実は“幸せな結婚”からは、遠ざかっていっているような気がします。