婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

「好きなタイプは?」に対する “感じ悪い” 答え

 

『優しくて、頭が良くて、面白い人が好きです!』

 

 

「好きなタイプは?」と聞かれて、“一見” よくありそうな答えです。

 

ですが、その答えは、意外と “感じ悪い” です。

 

 

一つずつ解説しますと…

 

最初の“優しくて”は、そんなに問題はありません。○です。

 

お相手に “優しさ” を求めることは、ごく普通のことです。優しさは “あるべき人の姿” として、世間一般に認知されていることですので、「私は優しくないから相手は優しい人じゃなければダメ!」といったような“理不尽”なことでない限り問題はありません。

 

 

ですが、二つ目の “頭が良くて” は微妙です。△です。

 

頭が良くなければいけない “理由” によって変わってきます。

 

例えば、自分が東大、京大を出ているので、お相手にも同等の学力を求めるというのであれば、まあセーフです。理解可能な理由です。

 

その逆に、自分は勉強が出来ないから、お相手が頭の良い人だったら勉強を教わることができるからと、自分を向上させるための理由もセーフです。

 

ですが、頭が良い人(良い学校を出ている人)であれば、何だか格好いいから、他人に自慢できるから、将来が安泰そうだから、といった理由ならアウトです。ちょっと感じ悪いです。

 

 

最後の “面白い人” というのは、基本的に×です。

 

「ボケてくれたら必ず拾いますよ、良いパス出しますよ」と自信を持って言えるぐらい自分自身が、お笑いに精通していて、将来は夫婦でM-1に出たい!というぐらいの人であればいいですが…

 

そうでなければ、好きなタイプというよりも、単に「私を楽しませてよ!」といった、傲慢な、自分本位の “望み” ということになってしまいますので、感じ悪いです。

 

 

普段、生活していて、「好きなタイプは?」と聞かれる場面は、現実には、あまり無いものです。

 

でも、自分が思うところの「好きなタイプ」を想像してみた時に、「そういうタイプの人に、自分自身は叶っているのか?」『そういうお相手に叶うために、“今”自分は、何かしらの努力をしているのか?』を、常に考えていなければ、単に “感じ悪い人” になってしまいます。