婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

結婚25周年

 

私ごとで大変恐縮なのですが…

 

昨日、10月5日は、私たち夫婦の銀婚式でした。

(銀婚式=結婚25周年=四半世紀 びっくり!)

 

そもそも金婚式とか、銀婚式とかは、喜びも悲しみも幾年月、酸いも甘いも噛み分けた、比翼連理の仲の、サザエさんの波平さんとフネさんのような夫婦にやってくるものだろう〜と、勝手に想像していたのですが…

 

私にも、そんな時が訪れようとは、なんとも感慨深いことで…。

(それだけ歳を取ったというだけのことなんですが…笑)

 

 

私たち夫婦が結婚したのは忘れもしない?平成8年10月5日。

(「まだ話すんかい!」とお叱りを受けそうですが…笑)

 

私は、ちょうど1ヶ月後に31歳の誕生日を迎える30歳。夫は27歳。

 

当時は、バブルが弾けて数年が経っていて、そもそも微妙にバブルの恩恵を受けていない私たちにとって「盛大に結婚式をするのもなんだか…」という思いもあり、家族と親戚だけを呼んでハワイで結婚式を挙げました。
(今考えれば、それはそれでバブルっぽいですが…笑)

 

ハワイの教会で結婚式をするには、事前に入籍を済ませておかなければいけないという情報もあって(本当にそうだったかどうかはわかりませんが…)入籍は平成8年8月8日に済ませていました。
(なので、都合よく結婚記念日を二つ使い分けています。笑)

 

前日に、ホノルルのワタベウエディングでドレスを選び、当日は宿泊先のシェラトンモアナサーフライダーの部屋で着付けとメイクとヘアアレンジをしてもらって、教会まではリムジンで向かうという、THEハワイ挙式!

 

式の後は、教会の庭で、小っ恥ずかしいポーズ?(笑)を要求されての挙式アルバム用の写真撮影をおこない、夜はホテルのテラスで、みんなで、ささやかな披露宴パーティー。

 

そんな、25年前のことを走馬灯?のように思い出しました。(笑)

 

 

振り返ってみればあっという間の25年でした。

(まさか、こんな月並みな感想を言う自分に驚きです…笑)

 

とはいえ、まだ、そんなに、喜びも悲しみも、酸いも甘いもと言えるほど、熟練した夫婦という感じもありませんし…、「縁側で二人でお茶でも飲んで…」といった落ち着きを持てるのは「一体いつのことになるのだろう…」不安になるぐらいワチャワチャした?感じですが…笑

 

そんな感じでも、25年も夫婦をやってこれたんだと、感謝しきりです。