婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

信じぬく

 

どれだけ、活躍して、名声を得て、他人が羨むほどの収入があったとしても、海を渡って、「もっとレベルの高い場所で自分を試してみたい!」というのは、アスリートの本能なのかと。

 

今、MLBでちょっと苦戦している筒香嘉智選手にエールを込めまして。

 

がんばれ!

 

 

どれだけ、愛して、尊敬もできて、誰からも羨ましがられる相手に出会えたとしても、「もっと良い人がいるのでは?」と心のどこかで、そんな風に考えてしまうこともあるのかと。
(特に結婚前には…)

 

誰もが、多かれ少なかれ経験する、マリッジブルーの一つと言えばそれまでのことなので、その時が過ぎるのを待つしか無いのですが…

 

敢えて言うなら…

 

そりゃあ間違いなく、もっと良い相手はいます。世界中には必ずいます。

 

“今の時点では”

 

 

結婚というものの評価は、林先生が言う「今でしょ!」とは、まったく対局にあるもので、ほぼ全てにおいて「後でしょ!」です。

(すみません。別に上手いことを言おうとしているわけではありません…笑)

 

 

後になって、もっと時間が経って、人生の最期になって、「最高だった!」と思える相手だったかどうか?

 

それが結婚相手の本当の評価です。

 

 

現時点での、収入・ポジションといったそんな諸条件はこれからいくらでも変化していくものですし、多少の考え方、性格、将来の夢といったギャップでさえ、これからの長い人生の“歩みかた”次第で、補正でき、より良いものに変えていけるはずです。

 

 

自分が信じた相手を「信じぬいて」ください。