婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

結婚相談所で生まれ変わる

 

「森七菜ちゃんカワイイな〜、まだ19歳なんだ〜」

「加藤清史郎くんイケメンになったな〜、まだ19歳なんだ〜」

 

『ああ〜、自分も19歳に戻れたら、もう一度やり直せるのに…』と、そんな“不可能”なことを“不可能”だと分かっていながら、つぶやいてしまうこともあるのかと…笑

 

でも、19歳に戻ることは不可能でも、やり直すことはできなくても、今から“変わる”ことは可能です。

19歳に戻りたいと思うのも、もう一度やり直したいと思うのも、「今の自分を変えたいから」に帰結するのだと思います。

今の自分に満足しているのであれば、過去に戻ってやり直したいとは思わないはずです。

 

でも、19歳に戻らなくても、今の自分を変える方法はいくらでもあります。

 

例えば、引っ越ししてみる、転職してみる、新たなコミュニティーに属してみる等々、「誰も、今までの自分を知らない場所に身を置く」ことで、一から新たな自分を作っていけると思います。

 

そして、結婚相談所というところも、誰も自分のことを知らない場所です。

自分を変えられる場所です。

 

もちろん、結婚相談所のプロフィールは、真実しか書いてはいけません。

嘘の経歴を載せることはできません。(全て公的書類で確認されます)

 

ですが、自分の“性格や考え方や思い”は、「そうなりたい自分」を書いて構いません。

 

そもそも、「明るい・暗い」、「ポジティブ・ネガティブ」「社交的・内向的」、「緻密・アバウト」等は、あくまでも“今まで”そう自分で思いこんできたもの、または一部の人から聞こえてきたものに過ぎません。

 

それは普遍的で絶対的な評価ではありません。

 

 

「誰も自分のことを知らない世界」では、“自己申告”次第で、その評価は、いくらでも変わっていきます。

そして、心から「そうなりたい」と思い続けていれば、本当に、そういう自分になれるものです。

 

 

19歳に戻らなくても、結婚相談所で変わることができます。