婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

「お見合いが成立する」確率を上げるには

 

「お見合いが成立しない…(悲)」

 

結婚相談所で活動されたことがあるなら、ほぼ全ての方が、一度は、抱いたことがある“感傷”ではないかと…思います。

 

イー・マリッジでは、入会案内時に結婚相談所での婚活の流れを説明させていただく中で、「お見合いが成立する確率」についても、お話させていただいています。

 

現在、IBJ日本結婚相談所連盟の会員数は約6万人です。(2020年8月現在)

男女比は、ほぼ半々ですので、対象となるお相手は3万人もいるということになります。

ですが、月に20~30名ぐらいの人にお見合いを申し込んだとしも、お相手がOKをして、お見合いが成立するのは、せいぜい1割程度(2~3名)です。

それは“どんな人”でも、ほぼそれくらいの確率です。

 

では、なぜ、それぐらいの確立なのか?というと、それには、お相手側としての理由がいくつかあって…

①既に何人か「交際中の人」がいて、それ以上お見合いを受ける気が無い。

②まもなく交際から「真剣交際」になる、お相手がいる。(もしくは佳境に入っている)

③年齢や居住地等といった「こちらの変えられない条件」を、そもそも望んでいない。

等々

 

3万人という、お相手候補が在籍しているとはいえ、皆さん結婚相談所で活動するくらい「本気」で、少なからずの「費用」を掛けているわけですから、常に「動き続けています」

「春日のここ空いてますよ」と、いつでも募集中というわけではありません。(笑)

 

そして、もう一つ、大きな理由は、

人は、千差万別、ひとりひとり「好み」があるということです。

(これが核心なのかもしれませんが…)

 

でもだとしたら…

「いったい、どうすればいいの!?」と、叫びたくなるかもしれませんが…

 

その解決方法は、「自分自身を磨くこと」しかありません。

 

まずは、プロフィールの自己PRを研鑽することです。

①本当に、お相手に興味を持ってもらえる内容になっているか?

②自分自身が魅力ある人物として表現されているか?

 

「自分は普通だし、平凡だし、特技があるわけでもないし…」と、簡単に諦めないで、もう一度、自分を見つめ直して、深堀して、考え抜いてみて下さい。

 

もし、写真もイマイチだと思っているのなら、撮り直してみてもいいと思います。

 

修正する必要なんてありませんし、高い写真館で撮る必要もありませんが、一つ大事なことは、できるだけ、しがらみのない第三者の意見を聞いてみて下さい。

 

それだけで、“固定概念から脱却した”、お見合い写真が撮れるはずです。

 

自己PRや写真といったプロフィール全体を、もう一度、徹底的に見直して、グレードアップさせ、その上で、そのプロフィールの中の「グレードアップした自分になる」覚悟を持って下さい。

 

それは、そんな簡単なことではありませんが…

ですが、そういった「覚悟を持つこと」、それを「望むこと」が、自分を変えていく第一歩になりますし、間違いなく「お見合いが成立する確率を上げること」に繋がるはずです。