婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

婚活という果実

 

結婚相談所は “結婚したい人が結婚するために” に存在します。

 

「何を今さら、そんな当たり前のことを!」と思われるかもしれませんが、

稀に、それが、そうでなくなってしまう時があって…

 

「いざ婚活!」という思いでスタートして、初めは、何もかも新鮮で、緊張感があって、前向きな気持ちで活動していられるのですが…

 

それが、お見合い、交際、交際終了という “ループ” を、何度か繰り返していくと、途中で、ちょっと心が折れてしまいそうになることもあります。

 

ですが、心が折れてしまうことよりも、もっと怖いのは、感情を抱かなくなってしまうことです。

 

結婚相談所は、普通の恋愛と違い「出会いと決断」の繰り返しが、もの凄い速さでやってきます。ともすれば感傷に浸る暇もないくらい…

 

本来であれば “人と出会って、そしてその先を決断する” といった、

その一連の流れの中にあるものは「感情」の集約だけです。

 

ですが、そこに何の感情も抱かなくなってしまったら…、ただ毎日会社に行って仕事をこなし、夕方になったら家に帰るような婚活になってしまったら…

 

また、それとは別に「婚活」をしているというだけで、安心感というか、未来を考えることから免責されるような居心地の良さを感じることがあったら…

 

本来の「結婚」という目的を見失ってしまうことも、少なからずあるかもしれません。

 

ですが、絶対に、そこに行ってしまってはいけません。

冬の朝、暖かい布団から出るように、抗わなければいけません。

 

本来の “結婚したい” という気持ちを、もう一思い出し、求め続けなければいけません。

 

私たちが、いつも一緒に、全力でサポートします。