婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

その “好き” は、一体どこの時点の “好き”

 

「好き」という感情は、人間の“根本的な感情”です。

 

極論を言うと、人間は大抵のことを「好きかどうか?」を瞬時に判断して、生きているのだと思います。

 

なのに…

 

こと、婚活に関しては、「それがそう簡単にできない」ということが往々にしておこります。

 

むしろ、人生の中でも最大級に、その判断を明確にしなければいけない案件であるにも関わらずです。

 

 

でも、もし、そうなってしまったら、

 

その“根本的な感情”を、変えてみる必要があるかもしれません。

 

結婚における「好きとは何か?」を。

 

 

よく結婚は“恋愛の延長線上にあるもの”と言われます。

 

それは正しいです。

 

結婚の“けの字”も考えていなかった頃に出会って、シンプルに「好き」という感情を抱いて、恋人同士になって、その感情を抱いたまま結婚する。

 

もっとも理想的な結婚へのプロセスだと思います。

 

 

でも、そのプロセスにおいて、「好き」という感情は“進化”していきます。

 

結婚の“けの字”も考えていなかった頃の「好き」と、「これから夫婦として一緒に生きていこう」と考えるようになった頃の「好き」は、質もレベルもさることながら“本質”が進化しているはずです。

 

 

もし今、「好きかどうかよく分からない…」と感じているなら、

 

「その“好き”は、一体、プロセスの中のどこの時点のものなのか?」を、今一度、確認してみる必要があります。

 

 

今のあなたは、間違いなく結婚のプロセスにいます。