婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

今の“好き”が、どう変化していくのか?

 

一概に“好き”と言っても、色々な好きがあります。

 

その人のことを考えるだけで「胸がドキドキする」好きもあれば、

 

「なんだか、いい人だな~」と思うぐらいの好きもあれば、

 

家族と一緒にいるみたいな「安心感」を抱く好きもあれば、

 

「この人のために何かをしてあげたい!」といった好きもあれば、

 

限りなく「リスペクト!」に近い好きもあります

 

(上記以外にも、もっともっと多種多様な“好き”があります)

 

 

でも、結婚する相手は…

 

「身も心も全てを捧げたい」と、心の底から思えるような相手でなければいけません!

 

なんてことは、言いません(笑)

 

 

もちろん、そんな気持ちになれるのであれば言うことはありません。

 

最高です。

 

 

ですが、そんなドラマチックというか、漫画チックというか、ステレオタイプ的な“好き”だけが、結婚を決めるための“好き”ではないんです。

 

結婚を決めるための“好き”は、むしろ、もう少し、俯瞰的というか、客観的というか、一歩引いてみて、総合的に判断してみて“好き”と感じられることが、大事なような気がします。

 

 

結婚は、一過性のものではありません。

 

長い長い時間の中で、今の“好き”が、どう変化していくのか?

 

それに期待を込めて、夢を持って、信じてみるのも、結婚の醍醐味です。

 

 

今の“好き”が、どう変化していくのか?