婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

結婚相談所は最後の砦?????

 

【友達の紹介】>【マッチングアプリ】>>>>>>>【結婚相談所】ぐらいの感じで捉えている方も、まだいらっしゃるのではないでしょうか?

 

良い言葉(??)で言えば、結婚相談所は敷居が高い。

平たく言えば、結婚相談所は、まだ早い。

悪い言葉(???)で言えば、結婚相談所は最後の砦。

 

 

とは言え…

 

現在の結婚相談所は、イメージも中身も変わりました。

 

結婚出来ない人が来るところではなく、“もっと良い人”(理想の人)との縁を望む人が来る場所になりました。

 

 

そう言えるのは…

 

マッチングアプリ利用者の急激な増加と共に「自然でない出会いが自然になった」ということもあります。

 

一昔前は、学校や会社、ナンパや合コンで、「自力で恋人(結婚相手)をみつける」というのが、出会いの方法のマジョリティーでした。

 

ですが、今は社会が変化して、環境が変化して、人の意識が変化して、「そう簡単に自力で相手を探せない時代」になっているのだと思います。

 

そんな中で、救世主のごとく現れたのがマッチングアプリです。

まさにIT時代にふさわしい「恋人探しの申し子(??)」

 

とんでもない犠牲を払う覚悟で、学校や会社で告白しなくても、とんでもない赤っ恥をかく覚悟で、銀座コリドー街や、渋谷109前でナンパしなくても、ネットで繋がっているだけの相手なら、そんなリスクは必要ありません。

 

確かに、それは今の時代、今の人たちのマインドにマッチした「出会いの方法」ではあるのだと思いますが、でも実際のところ、その「成果」はどうなのでしょうか?…

 

 

現在の結婚相談所は、

 

マッチングアプリと同じように、ネット上でお相手を選んで、しかもそのプロフィールの真正は担保されていて、その間に、自分と、相手の二人以上の見届け人(婚活カウンセラー)がいて、そして安心安全に出会える(お見合い)わけですから…

 

マッチングアプリより、時には友達の紹介より、確実です。

 

 

マッチングアプリで「あまり出会えない…」なら、もちろんのこと、「アプリでも、そこそこ出会えていた…」のであれば、結婚相談所なら、もっと出会えます。

 

 

未だに、「結婚相談所は最後の砦」なんて考えているのなら…

 

ハッキリ言って損をしています。