婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

「ありがとう」が全ての始まり

 

Terima kasih、Merci、Gracias等々、外国語を勉強する時に、まず最初に覚える言葉が「ありがとう」。

 

日本語でも、少なくとも、「マンマ」「パパ」「ママ」「ワンワン」「バイバイ」の次の次ぐらいには「ありがとう」を、お父さんと、お母さんは、赤ちゃんに覚えさせようとするのではないでしょうか。

 

 

要は、それぐらい、人が生きていく上で、外界とコミュニケーションを取る上で、最も必要な言葉が「ありがとう」だということです。

 

で、あるにも関わらず、「ありがとう」の言えない大人のなんと多いことでしょうか?…(チコちゃんに叱られる風?)

 

 

すみません!ちょっと大袈裟に言いましたが…(笑)

 

 

でも、意外と言えていない人が、実は“婚活”で、いらっしゃいます。

 

そんな、あたり前のことが、なぜ婚活になると言えなくなるのか?

 

その理由は、たぶんいくつかあって…

 

・婚活という特殊なシチュエーションに舞い上がってしまう。

・「ありがとう」を言う場面が多すぎて、逆にセーブしてしまう。

・「ありがとう」ばかり言っていたら、二人の関係性が保てなくなる。等々

 

そんな色々な、状況・思惑・意図があるのだとは思いますが…

 

 

ハッキリ言っておきます。

 

婚活中は、もったいぶらず、惜しみなく、頻繁に、「ありがとう」を言うようにしてください。

 

まず最初に「感謝」を伝えることが、全ての始まりです。

 

それがなくして、「好意」「リスペクト」「愛情」といった、自分の気持ちを最終的に、お相手に伝えることはできません。

 

 

勇気を持って、自信を持って、「ありがとう」を言えるかどうか?

 

シンプルで、あたり前のことですが、それは婚活を成功させるために間違いなく必要なことです。