婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

「結婚したら自分の時間を奪われてしまう…」って、そもそも「結婚」は「自分の時間」ではないのか?

 

今日は“超辛口”な話をします。

 

 

世間によくある“結婚に前向きになれない理由”として…

「結婚したら自分の時間が奪われてしまうから…」というものがあります。

 

はっきり言っておきます、それは単に「私はタイムマネージメントができない人間です」と言っているだけのことです。

 

 

そもそも…

 

今、24時間、分刻み、秒刻みで、スケジュールが一杯なんでしょうか?

ご飯を食べる時間も、寝る時間も、コーヒーを飲む時間も無いのでしょうか?

 

“自分の時間”って、いったい「何なんでしょうか?」

 

 

誰もが皆、何かしらの束縛を受けて生きています。自分の時間を奪われながら生きています。

 

生きていくためには働かなければいけませんから、毎朝「眠たい~!」のを、我慢して、無理くり起きて、憂鬱でしかない満員電車に決死の覚悟で乗って、会社に通います。

 

そして「面白くない~」仕事に、無理くり「やり甲斐という幻想」をこじつけて、日々耐えています。

 

その「面白くない~」仕事を面白くするためではなく、単に“これ以上つまらなくならない”ようにするためだけに、“人間関係作り”という、さらに面白くないことに時間を費やしています。

 

 

だから…

 

「もうこれ以上自分の時間の奪わないでくれ!」と思うのかもしれませんが…。

 

 

でも…

 

もし“結婚”が面白いものだったら

今、自分が面白いと感じている何よりも、面白いものだったとしたら

 

そのために「時間を作りたい!」と思うのではないでしょうか?

 

 

人間は「面白い!」と思えることであれば、自主的に時間作り(=タイムマネージメント)ができるものです。

 

 

ですので…

 

「面白い!」と思える“結婚”にさえ出会えれば、「自分の時間が奪われてしまう…」なんて発想にはならないのではないかと。

 

 

 

*とんでもなく極端な話をしてしまいましたが…、仕事については、世の中には面白い仕事は沢山ありますし、本当に「面白い!」と思って仕事をしている人も沢山いらっしゃると思います。(すみません!)