婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

【成婚退会のご報告】39歳女性会員様

 

昨年入会した39歳の女性会員様より、嬉しい成婚退会の報告がありました!

お相手は、42歳の会社員男性。
明るさと真面目さの両面を持った、アクティブで素敵な男性です。

 

彼女は広島県在住。
彼は神奈川在住でしたので、11月末にオンラインでお見合いをしました。

それから、1ヶ月以上はオンラインでのデート。
年末年始のお休みの際に、彼が彼女に会いに来て下さって、その時初めてリアルでお会いし、それから2週間後にはプロポーズされました。
お見合いから約1ヶ月半での成婚です。

 

お二人は、交際当初から意気投合して、ほぼ毎日のように1~2時間お電話をしていらっしゃったのだそうです。

今までこんな風に自然に時間を過ごせることはなく、しかもそれが全く無理なく楽しく続けられたとのこと。
毎日のお電話で心の距離を縮めていき、早いうちから結婚を意識することができたので、実際にお会いする時にはもうお互いを理解し合えている…まさに「コロナ禍の中での婚活」を着実に歩まれたなぁと思います。

 

実は活動を開始した当初は、彼女はアメリカ在住でした。
海外から婚活を進めていくつもりでイー・マリッジに入会されたのですが、コロナ禍が広がりを見せる中で、将来のことについてさまざまな面から考えるようになり….。
8月に日本へ帰国されました。

 

日本に帰られた後は、広島県のご実家で過ごしながらの婚活。

近隣の方だけではなく、地域のこだわりを持たずに遠隔地の方とも積極的にオンラインを活用してお見合いをされました。

 

とは言え、そんなにすぐに「この方だ!」と思える方に巡り会えるわけではなく…。

日本で新たに仕事を開始しなければという気持ちもお持ちでしたが、婚活を並行して進めている以上、どこに住むことになるかもわからない結婚後の暮らしを考えると、今すぐ簡単に目先のことだけを考えて仕事を始めるわけにもいかず…。

 

10月頃に「私、この先どういう風になっていくのか、全く見えなくて…」と相談されたことがありました。

その時、
「結婚相談所では、この方だ!という方に巡り会えたら、びっくりするくらいトントンとお話が進んでいくんですよ」
「1〜2ヶ月先には、〇〇さんも、もしかしたら成婚しているかもしれないですよ」

という会話をしたなぁ…ということをしみじみ思い出します。

 

「1ヵ月先のことは全く分からない」

まさに結婚相談所とは、そういった場所です。

 

遠距離を超えて結ばれたお二人のお幸せを、いつまでもお祈りしています!