婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

36歳女性会員様・アメリカ駐在男性との成婚退会のご報告

 

約1年間の活動を経て、大阪在住の女性会員様が成婚されました。

お相手は、現在アメリカ駐在中の43歳の会社員の方です。

 

このコロナ禍で、実際に会うことが、なかなかできない状況でしたが、その難しい時間を乗り越え、辛抱強く愛を育まれ、結婚を決意されるに至りました。

 

本来であれば、お会いして、お祝いをさせていただきたかったのですが…

緊急事態宣言中ですし、遠方にお住いということもあり、今回はリモートでということになりました。

 

昨日、改めてLINEをいただきましたので、今回は、いつもの成婚報告に代わり、いただいたメッセージを掲載させていただきます。
(ご本人に了承いただいたものです)

 

おめでとうございます!いつまでもお幸せに。

 

*****

 

一年間、本当にお世話になりました。

時には夜遅くにご相談させて頂いたり、お休みの日も関係なく連絡させてもらったりと、いつも身近に寄り添ってサポートして下さり、本当にありがとうございました。

山領さんのブログも毎日欠かさず読ませて頂き、勇気をもらっていました。
山領さんのもとで、結婚相手と巡り合う事が出来て、本当に良かったです。

 

私はこの一年間、本当に楽しかったです。

私の課題は、「決断」が出来ない事でした。

どんなに素晴らしいご縁があっても、私にとって「結婚」の壁が高くて、そこを超えるのが怖くて、自ら手放したり、相手の自信をなくさせて去られたりの繰り返しでした。

結婚相手を探すよりも、まずは自分の心を整える、変える事にこの一年は集中しました。

コロナのおかげで、〇〇さんとの交際期間に猶予が与えられ、長い一年でしたが、〇〇さんの妻になるために必要な準備期間だったのだなと思います。

 

昨日、再び〇〇さんが大阪に来てくださり、両親を紹介しました。

最初はコロナが心配だから、両家の挨拶はオンラインでも良いのでは?と話していたのですが、やはり大事な娘を嫁がせるわけだからって事になり(笑)、急遽大阪に来てもらいました。

父が、私が言いにくい事を〇〇さんに確認したり、お願いしてくれましたが、〇〇さんは、父に対してもいつもの優しい感じで、答えてくれてました(^^)

日本以上にコロナが心配されるアメリカですが、生活は全面的にサポートしますし、何も心配する事ないと思います!問題が起きてもその都度話し合って、僕がしっかり守っていきます!と両親の前で約束?宣言?してくれましたので、安心しました。

結婚式についてもこれから考えていきましょうって言ってくれて、とても幸せです!

 

本当に不思議なんです。自分の夫がなぜこの人なんだろうって (笑)

全然嫌とかそういう感情ではなくて、安心感が半端ないというか、本当に不思議な感覚なんです。

そして、あれだけ迷っていたのに〇〇さんをすんなり受け入れてる自分にまたびっくりです!

結婚ってこんなものかって、この立場になって、初めて分かりました。

自分にしかわからない、ここが良い!が、みんなあるのですよね。

知れば知るほど、私がまさに望んでいた通り、望み以上の方で、これからの〇〇さんとの夫婦生活が本当に楽しみです!

来週、〇〇さんはアメリカに戻りますが、落ち着いてからリモートで両家顔合わせです。