婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

この人なら

 

「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救おうとする」との研究結果を、アメリカの大学が発表したとの記事がでていました。

 

日々、我が儘放題、自己主張し放題?の、我が家の愛犬トイプードルの“あゆん”ですが…
ある時、パパ(夫が)が、ドアの角に足をぶつけて「痛っ!」と、小さく叫んだときに、彼女の1日の内で最も精神集中?する、ご飯の時間にも関わらず、ササッと、寄ってきて「大丈夫?」という感じで、パパの顔を見上げていたことなどを思い出して…

確かに、犬は、人の“機微”に敏感に反応するな~と、感心することがよくあり…

それに比べ、なぜ人は人に対して、それをあまり上手くできないことがあるのだろう…。
(自分だけかもしれませんが…笑)

まあ、人は、そんなに単純ではないですし(ゴメンね!あゆん)、複雑ですし、色々、面倒くさい?ですし…笑。

でも。
「可愛いね」とか、「やさしいね」とか、「素直だね」とか、そんな“形容”を他人からされたい…という思いは、誰の心の中にも、少なからずあるはずで…

だったら、極論を言えば、犬みたい(?)になれたら…と、思ったりもするのですが…笑
でも、先ほども述べたように…、人には人の事情があって、そう単純ではないかもしれません。

でも、一つだけ、そうなれるとしたら、
絶対的に、盲目的に「この人なら」という、犬にとっての飼い主さんのような“安心できる人”が、目の前に現れたなら、今よりは“ピュア”な自分に、間違いなくなれるのではないかと思います。

(もしかしたら、今の自分からは想像もできないような“ピュア”な自分になれることも…)

 

「犬の気持ち」?でした。