婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

オンラインお見合いのポイント

 

結婚相談所は、このコロナ禍の影響で、「オンラインお見合い」が全盛になっています。

 

ということを、ここで敢えて言うのは…

元来、結婚相談所というものは、古式ゆかしい「お見合い結婚」を色濃く継承するもので…、
料亭や、旅館の離れ座敷のようなところで、正式な仲人を介して、家と家が格式を持って対面するという流れを汲んでいますので…
「若者文化の象徴?の “インターネット” (既に社会インフラですが…笑)で、お見合いをするなんて、考えられない!」という、御仁も中にはいらっしゃったということもあって…、
誰もかれもが「オンラインお見合いWelcom!」とうことではなかったのも事実です。

 

ですが、そんなことを言っていたら、2020年は「未婚元年(?)」ということになってしまう…
といった危機感を抱いたということもあり…、
どこの結婚相談所も積極的にオンラインお見合いを活用するようになりました。

その結果、お見合いの件数自体は、例年よりも多いぐらいの状況が続いています。

 

元々、イー・マリッジは、海外駐在員の会員様が多くいらっしゃったということもあって、長年オンラインお見合い(SkypeやLINEビデオ通話等で)をおこなってきました。

 

「私たちは昔からやっていました!」ということを自慢?したいわけではなく…(笑)、
むしろ長年やっていたからこそ、オンラインお見合いの「難しさ」も痛感し、それを克服するために「どうすればいいのか?」を考えてきました。

 

「オンラインお見合い」というのは、最初はなんだか“とっつきにくい”と、感じることもあるのですが…、
やってみると、想像していたよりも相手のことがよく分かって、思っていたよりも楽しく話せて、考えていたよりも気軽にできる、ということが分かってきます。

 

ですので、一度オンラインお見合いを経験してみると、実際に会うより、オンラインお見合いの方が自分に合っているという方もでてきます。

 

それは、必ずしも悪いことではありません。

それで、より婚活に積極的になれるのなら良いことなのだと思います。

 

ですが、一つオンラインお見合いで陥りやすい問題点として、『緊張感を欠く』ということがあります。

 

一応、お見合いには変わりありませんので、たとえオンラインお見合いとはいえ、それなりに、皆さん真剣さを持って臨まれます。

ですが、電車に乗って、バスに乗って、わざわざお見合い会場までいく必要が無い、足のつま先まで見られるわけではない、といった状況だと、どうしても、緊張感に欠けることがある、ということもあります。

 

リラックスして、本音で話すことができるといったメリットもありますが、結婚相手を選ぶことが最大の目的であるお見合いでは、緊張感=「五感を研ぎ澄ました状態」に心を持っていくことは大事なことです。

 

オンラインお見合いでは、ウエストラインから下は、カメラの向こうのお相手には見えないかもしれませんが、それでも敢えて「足の先まで気合の入った“いでたち”」で臨んで下さい。

一生涯の伴侶となる、お相手が、その画面の向こうにいるかもしれません。