婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

海外と日本での「遠距離婚活術」

 

郷ひろみの「よろしく哀愁」の歌詞にもありますが(古くてすみません・・)

 

『会えない時間が愛育てるのさ~』とは、まさに正しくて、「恋愛」にとって、会っている時間の長さよりも「その時間を共有している」という事実の方が「二人の距離を縮める」には、大切なことなのかもしれません。

 

とは言え「結婚相談所」での数カ月間の婚活で遠距離、ましてや海外のお相手と結婚の決意を固めていくというプロセスに、物理的、精神的な不安を持ってしまうことはしかたがないかもしれません。

 

 

【海外にお住いの方との婚活スケジュール】

 

 

上記は、イー・マリッジでの海外にお住いの方と日本にお住いの方との一般的な婚活スケジュールです(東南アジアにお住いの方とのケースを想定しています)

交際開始から、成婚に至るまで6ヵ月です。これは日本にお住いの方同士よりも、平均的に1.5~3ヵ月は遅いペースになります。ただし実際に会える回数を考えたら、適切なペースであると思います。

実際にお会いするのは、6ヵ月までの間に5回、その後お互いの両親へ挨拶する目的で1回。
(一時帰国が4回、日本から現地へ行くのが2回を想定)

 

日本にお住いの方同士であれば「真剣交際」期間中に、お互いの両親へ挨拶を済ませておくことが多いのですが、海外の方との場合は、6ヵ月間を十分にお互いを知る時間に使い、その後の一時帰国の際に、お互いの両親へ挨拶をおこなうスケジュールにすればゆとりがあると思います。

 

日本にお住いの方同士の場合、成婚まで3~4ヵ月が圧倒的に多いです。
(月3回会ったとしても、4ヵ月間で12回です)
このことを考えれば、たとえ半分の6回しか会えなくても「共有している時間」自体は倍以上なので、むしろ二人の「絆」は、より深いものになっているはずです。

 

海外にお住いの方との「遠距離婚活」は、まさに『会えない時間が愛育てる』婚活です。

「ひと時も離れたくない」というような、燃えるような恋をして結婚することも悪くはありません。
でも人生は長いです。「会えない苦しさ」を経験し結ばれた二人の結婚生活も、決して悪いものにならないはずと信じています。

 

【現地で会う具体的な方法】

東南アジア方面(シンガポール・タイ・マレーシア)へは、各航空会社毎に、1日に数便あります。

例えば、日本からだと、金曜日の深夜便に乗れば、現地の土曜日の朝に着きます。

土曜・日曜とまるまる過ごし、日曜日の夜に現地を出れば、月曜日の早朝に日本に戻れます。
(ちょっときついですが、そのまま出社もできます)

そこまでハードにしなくても、土日に1日休みをつけることができれば、十分余裕を持って往復することが可能です。

料金も東南アジア方面であれば往復5~6万円ぐらいが一般的です。(LCCならもっと安いチケットがあると思います)