婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

婚活にも“TPO”がある

 

婚活をしている人が、「お相手には、本当の自分を見てもらいたいんです。分かってもらいたいんです…」と、そんな思いを吐露されたとしたら…

 

「あま~い!」と言わざるを得ないのかと。

 

*その「あま~い!」は、スピードワゴンの井戸田さんの「あま~い!」の意味ではなく、「厳しさに欠けている」「しっかりした心構えができていない」の意味での「あま~い!」です。念のため(笑)

 

 

ただ、先に誤解が無いように言っておきますと、「甘えたこと言ってるんじゃないわよ!」(?)的な、そんな上から目線の、猛烈お見合いおばさん(??)みたいなことを言うとしているわけではありません。(笑)

 

最終的には、何もかもひっくるめて、お相手に自分の全てを分かってもらわないと、結婚なんてできませし、夫婦として最期まで完走することなんて夢のまた夢です。

 

 

ですが…

 

交際が始まった最初の頃から、ましてや初対面のお見合いの時から「本当の自分を…」というのは、それは無理があります。
「あま~い!」と言わざるを得ません。

 

別に、作って作って作りこんだ(?)、実際とは全くかけ離れた自分で、お見合いや交際に臨まなければいけないわけではありませんが、婚活にも“TPO”があります。

 

少なくとも、最初は、無難に、ビジネスシーンで人と会うのと同じように「お相手に気遣いを持って」臨む必要があります。

 

そこから徐々に徐々に、決して焦らず、素の自分を出していく。

 

結婚に限らず、本当の人間関係を構築していくというのは、そういうプロセスが必要なんだと思います。

 

本当の自分を見てもらいたいからと、お見合いに、すっぴんで行く人も、寝癖をつけたまま行く人もいません。(笑)