婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

可能性を信じて

 

致命的な問題が無いのであれば、その先に進んでみる。

結婚相談所での“婚活のコツ”です。

 

具体的に言いますと…

お見合いをしてみて、「この人は運命の人だ!」と感じたわけではないけれど…、「悪く無かった、もう少しどんな人なのか知ってみたい」と、少しでも思ったのなら、躊躇せず、交際に進むべきです。

 

結婚相談所というところは、お見合いをして、その先の「交際」に進んでも、”断わりにくくなる”ということはありません。

 

なぜなら、それが結婚相談所のルールですし、会員様は皆さん、それを前提で活動されていいらっしゃいます。

 

ただ、そう言われても…

「本気じゃないのに、なんだか試しているみたいで、悪いような…」といった、なんらかの「うしろめたさ」「申し訳なさ」のようなものを感じることがあるかもしれません。

 

それは、人としての正直な気持ちなのだと思います。

 

 

ですが、もし、その先に進むことを ”ためらう”ような、そんな思いにっなってしまったら、「可能性」を強く信じてもらいたいと思います。

 

確かに、交際に進んで、もう一度会ってみても、「やっぱり違った…」ということもあるかもしれません。

 

ですが、「あれ?この人が運命の人だったのかも…」と思うことも、多々あることです。

 

前向きに可能性を信じて、その先に進むのであれば、お相手に対し失礼になることもありませんし、自分自身も信念を持って婚活ができるはずです。