婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

29歳女性会員様、成婚退会のご報告

 

以前にこのブログでもご紹介した、
昨年の11月末に入会、4月に成婚退会された女性会員様が、お相手の方と一緒にご挨拶に来て下さいました!
前回のブログはこちら→

成婚退会が決まったのは、ちょうど緊急事態宣言が発表された頃のことで・・。
早くお目にかかりたいと思いつつ、宣言明けを待って事務所にお越し頂きました。

 

お相手の方は、33歳の外資系企業にお勤めの男性。
とても爽やかで素敵なスポーツマンです。
心の中で思った「わぁ、かっこいい!」という言葉が、思わずつい口から出てしまいました(笑)

そんな私を、彼女が「そうでしょう?」とちょっといたずらっぽく笑う姿が、本当に嬉しくて…。
心が温かくなるのを感じました。

 

1月半ばのお見合いなので、お二人は実はまだ知り合ってからやっと半年経つ程度。でも、もうずっと長いこと寄り添い合っているような「仲良し夫婦」という雰囲気を醸し出していて…。

彼が計画してくれた、サプライズプロポーズの際のチャペルや、100本の赤いバラの花束(!)のお写真等を、嬉しそうに見せて下さいました。

 

「プロポーズ」というのは、やはり緊張するものですし、ロマンチックなことをするのは、男性としてはちょっと恥ずかしいし、照れてしまうことかもしれないですが…。

これから何十年にもわたって続いていく人生の間には、おそらく良い時もあればそうでない時もあるはずで…。

プロポーズ以外にも「結婚式」「指輪」「新婚旅行」…。
もちろん、経済的なことは無理をする必要はないのですが、ご自分たちのできる範囲の中で「素敵な思い出作り」をして、思い返すたびに、お相手への感謝する。

結婚にいたる「思い出」というのは、初心に帰ってお相手を大切に思うことができる、結婚生活の「支え」になるのではないかと思っています。

 

まだ交際中に、私が「何か困っていることとか、気になることがありましたら、何でもご相談くださいね」と彼女に言った時に、

「困っていることと言えば…。たぶん私が彼を好きになり過ぎていることですね(笑)」と言っていたことを、ふと思い出しました。

 

こんな風に、お互いを大切に思い合っているお二人であれば、これからもずっと、温かな笑顔にあふれる家庭を築いて行かれることと思います。

末永くお幸せに!