【婚活ノート。】恋愛と結婚はやっぱり違う

 

桜の木も少しずつ葉っぱをつけ始めて、そろそろお花見の季節も終わりですね。

 

会員の男性から、お花見デートの報告がありました。

 

少し散歩しながら、桜を鑑賞・・と考えていたようなのですが、お相手の女性の方が、ビニールシート、ごみ袋、ウェットティッシュ・熱湯の入った水筒等から使い捨てカイロなど、お花見小道具など一式を用意して下さっていたとのこと、とても嬉しく、気遣いにびっくりしたそうです。

 

彼は、海外在住で一時帰国中。

お花見のための下準備をすることなんて難しいだろう、と彼女が考えて下さってのことだと思います。

 

実際には、お花見の場所へ行ってみて彼に会ってみないと、どんなお花見デートになるかわからないわけで・・。

周りの雰囲気によってはビニールシートを広げて座る、なんてことはできないかもしれないし、彼が外で飲食するのは寒いし散歩だけにして、どこかのお店で食事しようと言い出すかもしれません。

 

なので、用意した重い荷物は無駄になってしまうかもしれない。

それでも「あらかじめ用意をしておいてくれた」というところに、優しい気持ちを感じます。

 

 

 

「女性なら、そのくらいの気遣いをして下さい」と言いたいわけではないのです。

男性だから女性だからということではなく、もし可能な状況なのであれば、準備をするのは男性側であっても良かったと思います。

 

 

 

恋愛本などを読んでいると、「尽くしてばかりではダメ」「相手に追いかけさせなきゃ」と書いてあることがあります。

確かに「恋愛」であれば、相手を落としたいと思う気持ちや、ドキドキした気持ちを楽しむことも大切な要素かもしれません。

 

 

でも、結婚は「生活」であり「日常」です。

ずっと、自分が追いかけているばかりでは疲れるなぁ・・。誰もが想像できるのではないでしょうか。

 

 

男性であっても、女性であっても、「お相手のために自分ができることをする」という気持ちを持つことが婚活の第一歩ではないかと思います。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。