婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

それは妥協なのか?

 

“婚活に妥協する必要はありません”

”希望するお相手の条件を下げる必要はありません”

 

とはいえ、結婚相談所の現実として…

 

年収1000万円以上、身長175cm以上、東大・京大・早慶以上といった「3高」の男性ばかりにお見合いを申し込んでいても、マッチングする確率は低くなります。

 

なので、婚活カウンセラーとしては、「もう少し、幅広いお相手に申し込んでみたらどうでしょうか?」といったアドバイスをさせていただきます。

 

ですが、それはそれで…

「なんやねん!妥協せんでええて言うてたやん!」と、おっしゃられる方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで今日は、「妥協とは何か?」について考えてみたいと思います。

 

「婚活」という括りの中で、ステレオタイプ的な視点から考えてみますと、前段で述べた「3高」というのが、この令和の時代?になっても、ヒエラルキーの最上位にあって、そこから少しでも下がっていくと「妥協」と捉えられることが多いのかと…

 

確かに、「妥協」と言えば、そうなのかもしれませんが…

 

ただ、敢えて、言わせていただきますと…

 

それはあくまでも「今、自分が勝手に設定している基準」に対してのものに過ぎません。

 

違う言い方をすると、まだ一度も働いた経験の無い大学生がイメージだけで選んでいる「人気企業ランキング」に近いと思います。

(大学生の皆さん、巻き込んでごめんなさい。笑)

 

年収1000万円の男性を希望されている方に、「300万円でいいでしょ!」と言うつもりはありません。

 

でも、100万円、200万円少ない、年収800万円、900万円の男性であっても、性格が物凄く良い、もの凄くやさしい、もの凄く気が合うのであれば、結婚生活は圧倒的に豊かなものになるはすです。
(身長も同じかと…)

 

また学歴も、早慶じゃなくても、明治、立教、青学でも、博識な人、頭の回転が速い人はいっぱいますし、仕事ができる人、出世する人も沢山います。

 

ですので「妥協…」と捉える前に…

『今、自分が勝手に設定している基準の延長線上に、必ずしも、自分が思い描く幸せな結婚生活があるとは限らない…』ということを、一度、想像してみて下さい。

 

どんな人気企業に入社できたとしても、全ての人が100%満足して定年まで勤めるということはありません。

「思っていたのとは違う…」と転職していく人もいます。

 

それは本当に妥協なのか?

 

もう一度考えてみて下さい。