婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

婚活は「空気を吸うこと」とそんなに違いはありません。

 

「お互いに忙しくて、十分な時間を持てなかった」というのが“離婚の原因”といった話を聞くことがあります。

 

でも、本当にそれが “離婚の原因” だったのでしょうか?

(ゴールデンウィーク真っただ中の晴れた朝には不似合いな話題ですが…笑)

 

 

確かに…

 

「時間が無くて、すれ違いの生活が続いた結果、コミュニケーション不足に陥って、お互いの考え方や思いがズレっていってしまった…」ということが離婚に至る原因であったと言えるのかもしれませんが…

 

ですが、このSNS全盛の時代に、実際に会って話さなくても、コミュニケーションを取ることはいくらでもできます。

 

 

妻は日本、夫は海外で単身赴任しているような夫婦でも、仲睦まじい人たちは沢山いるのですから。(LINEの無料通話なんてなかった時代でもそうでした。*ほんの10年ちょっと前のことです)

 

 

なので、コミュニケーションを「十分に取れる?取らない?」というのは、実際には「時間」の問題ではなくて…

 

「密度」の問題なのではないかと。

 

 

それはある意味婚活にも言えることで…

 

時間が無いから婚活ができないということは、実際にはありません。

 

もちろん、物理的に、お見合いをする時間が足りないとか、デートに頻繁にいけないとかはあると思います。

 

 

ですが、「好き!」「この人と一緒にいたい!」「結婚したい!」といった“感情”は、時間ではなく、「密度」に由来するところが大きいんだと思います。

 

婚活は「空気を吸うこと」とそんなに違いはありません。

 

身構えることなく、自然に任せて臨んでも結構なんとかなるものです。