【婚活ノート。】結婚相談所と“勇気”(羞恥心編)

 

「問い合わせメールを送るのに、とても勇気がいりました…」

 

イー・マリッジで活動されている会員様と話をしていると、

最初に、結婚相談所に問い合わせをしようと決めた時は「勇気」が必要だった、

と、ほとんどの方が、そう、おっしゃられます。

 

 

今は、結婚相談所以外にも、婚活サービスと呼ばれるものが沢山あります。 

婚活アプリ、お見合いパーティー、街コン、等々、 

ですが、その中でも「結婚相談所」は、特に“勇気”が必要なのだそうです…

 

 

では、それはなぜなのか?

 

一つは、結婚相談所を利用することに「羞恥心」を感じてしまうこと

もう一つは、結婚相談所への「不安と疑心」を感じてしまうこと、

 

の、2つがあるのだと思います。

 

 

今回は「羞恥心」について書いてみたいと思います。

 

 

結婚相談所を利用することに対して羞恥心を感じてしまう理由は、

 

どうしても、結婚相談所に対する偏見(?)というか、

ステレオタイプ的な世間のイメージを考えてしまうのだと思います。

 

“結婚相談所は、モテない人が利用するところ…”  

と、いった感じで。

 

 

一昔前は、20歳を過ぎれば結婚を考え始め、25歳ぐらいまでには結婚し、30歳までに子供を持つといったことが、あたりまえと考えられていました。

 

ですが、今は、そういった概念に捉われる人は少なくなってきました。

それに加え、社会環境の変化、価値観の多様化が進んできたことに拠る反作用として、

「結婚しにくい社会」「自然に出会うことが難しい社会」になってきたとも言えます。

 

なので、そういった現代の社会を生きている人にとっては、結婚相談所は「結婚のインフラ」ともいえる存在になってきているのだと思います。

 

もはや「モテない人が利用するところ」といったような、安易なイメージで成り立っているようなところではなく、ごく普通の人が、ごく普通に利用しているところだと言えます。

 

 

でも、それでも「結婚相談所で結婚したとだけは言いたくない…」と思われるのなら、

あえて言う必要はまったくありません。

 

「紹介で知り合った」「合コンで知り合った」と、答えておけば十分です

 

 

でも嘘は下手だから…という方は、

 

「親に強く勧められて…」「友達に頼まれて、一緒に…」と、いうことにすれば、

結婚相談所へは自分の意志ではない…ということになり、「羞恥心」は薄くなるはずです。

 

 

でも、本当に、今の結婚相談所は人に言えないような「恥ずかしいところ」ではないですよ!

 

 

*次回は、結婚相談所への「不安と疑心」について書きたいと思います

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。