がんばれ!婚活男子

異性に好かれる基本の一歩

 

ムダ毛脱毛をしてみたり、気になるシミをとってみたり、歯を矯正してみたり。

 

15年、20年ちょっと前までだったら、「それって “整形” じゃないの?!」ぐらいの、言われようだったものが…

 

今では、ごくごく当たり前の、「身だしなみ」の一つに過ぎません。

 

それは女性に限らず、男性もです。

 

 

別に、エステや、美容外科や、矯正歯科の回し者ではありません。(笑)

 

ただ、世の中、“身だしなみについての意識”が、時代とともに、高くなってきているということは間違いのないことです。

 

実際に、そこまでするかしないかは、あくまでも、それぞれの考え方や事情によって違ってくるとは思いますが、それでも、「世の中、そういうものなんだ…」という認識は持っておく必要はあります。

 

婚活をするならその認識は必須です。

 

 

ですので、まず明日から出来る簡単なこととして…

 

・ハンドクリームを塗って、ツルツルまではいかなくても、ガサガサじゃない手にする。

→お相手から「繋ぎたい!」と思われる手にするため。(特に冬場は)

 

・靴とか、財布とか、バッグとかの角っこが、すり減ってたり、ヨレっとしてるものは使わない。

→ブランド品とか、ビンテージということもあるかもしれませんが、ある程度「自分」というものを理解されるまでは、少なくとも「お見合い」では、誰が見てもキレイなものを身に着けていた方が、お相手に好感を抱いてもらいやすいです。

 

・理容室、美容室へは、普段より、少し短めのスパンで行く。

→男性はいつもより少し短めがいいですし、女性は髪が痛んでるようには見えないケアが必要です。「俺は、ロン毛の方がイケてるのに…」「私は、ふわっとウエーブが掛かっているぐらいが可愛いのに…」といった拘りはよくわかりますが…でもそこは、グッとこらえて、まずは「清潔な人」とお相手に思われることが第一です。

 

と、今スグに思つくことを、ざざっと書いてみましたが…(若干偏っていますが…笑)

 

 

大切なことは、絶世の美男子、絶世の美女にはならなくても、小汚くはないこと、清潔であることです。

 

少々センスには欠けていたとしても、自分の中では、今イチ、ダサく感じていたとしても、まずは「清潔感がある人」と思ってもらえること、それが大切です。

 

そこから、さらに「美」を追求したいのであれば、エステや、美容外科や、矯正歯科へ行けばいいんだと思います。

 

 

決して、エステや、美容外科や、矯正歯科の回し者ではありません。(笑)