婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

“たまたま” 今、結婚を考えられる恋人がいない人へ

 

結婚相談所の存在意義というのは、言うまでもなく「結婚を望んでいる人に結婚の機会を提供すること」です。

 

ですが、結婚相談所に対して未だ、「結婚できない人が行くところ」といった、今となっては前近代的ともいえるイメージを持っている人も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

 

「結婚できない」というのは、ある意味広義な意味では間違ってはいないかもしれませんが、多分世間一般でイメージされるネガティブな意味での「結婚できない」とは大きく乖離しています。

 

世の中には結婚できない人なんていません。

 

(極端なことを言いますと…)本気で死ぬ気で根性出して自分を磨いて、恥も外聞も全てかなぐり捨てて、ありとあらゆる手段を使って出会いの機会を求めれば、世界中の誰からも相手にされないなんてことは絶対にありません。

 

ですが、現実には、そこまでできる人もいません。

 

普通に出会って、普通に結婚している人たちも、みんな“たまたま”です。

 

別に努力なんてしても、しなくても…・

恋人がいた時もあれば、いなかった時もある。

途切れることなく恋人がいた人もいれば、ずーっと、いなかった人もいる。

 

ただそれだけのことです。“たまたま”です。

 

“たまたま”今、結婚を考えられる恋人がいない人が集っている場所が、結婚相談所です。