【婚活ノート。】プライドを捨てて

 

「結婚できない人がいくところ」「モテない人しかいなさそう」「なんだか恰好悪い」etc.

 

結婚相談所を、こんな風にイメージしている人も、まだ結構いらっしゃるのではないでしょうか…

 

今は、婚活アプリ、お見合いパーティー、街コンといった「婚活サービス」が“社会的地位”を確立しつつあるので、その最も古典的な婚活サービスである結婚相談所に対しても抵抗がない人が増えてきているのが実情です。

 

ですが、私自身の感じ方を言うと、まだ、どちらかというと、女性より、男性の方が、結婚相談所をネガティブに感じている方が多いような気がします。

 

現代は男女平等の社会といっても、それでも、男性の方が女性よりもプライドを持っていなければ、生きられない世の中…ということ?も、あるのかと…

 

そんな風に考えて、まあそれはそれで、仕方がないのかな、と思ったりもするのですが…

 

ただ、現実に今は、昔と違って、自分で動かなければ結婚出来ない時代です。

 

一昔前のように、周囲の人が縁談の話を持ってきてくれることはありませんし、実際、友達が進んで紹介してくれるという機会も減ってきているのではないでしょうか…

 

理由は、
センシティブな「結婚」というものに、積極的に関わるメリットを感じなくなってきた、
あまり込み入ったことに立ち入らないほうがいい、
といった意識が働くのかもしれません。

 

こう言ってしまうと、世知辛い世の中になってしまったな~という気もしますが、裏を返せば、それだけ現代の「結婚」というものが、いろいろな意味で「重たいもの」になってきているのかもしれません。

 

あれこれと、ネガティブなことを書いてしまいましたが…

 

もしそうなら、それはそれで、そんな現実を前向きに受け入れるしかありません。

 

恨んでいても、嘆いていても、自分で動かなければ、何も変わりません。

 

「結婚したいのなら」プライドを捨てて。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。