婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

海外駐在員&海外駐在員との婚活の流れ

お相手探し

連盟のシステム上で

  1. お見合いを申し込む
  2. お見合いの申し込みを受ける
  3. プロフィール交換会でお相手を探す

 

日本結婚相談所連盟(IBJ)の会員約5万名(男女比3:4)の中から、ご自分のパソコンやスマホから、お相手を探していただけます。

会ってみたい!という方へお見合いを申し込みます。お相手の方もOKならお見合い成立になります。

あなたとお見合いをしたい!という方からお申し込みがあった場合、あなたがお相手のプロフィールを確認してOKならお見合いになります(気の進まないお相手とはお見合いをする必要はありません)

 

 

お見合い

海外の方とのお見合いは

  1. スカイプ
  2. 一時帰国の際、または現地

 

お見合いは1~1時間半程度です。

お見合いでは、お相手の「下の名前」「連絡先」を聞いてはいけません。

お見合い後、今後の「交際」に進むかどうかは、その場で返事はせず、それぞれの相談所へ意思を伝えていただきます。
これらのルールは個人情報保護を厳守し「安心」「安全」に婚活を進めていくための「結婚相談所」の共通のルールです。

 

 

交際

海外の方とのお見合いは

お互いの連絡先を交換し合い、メール・スカイプで定期的に連絡を取り合います。

また、一時帰国時や、お相手の国へ訪問して直接お会いしたりして、お互いをよく知っていきます。

海外駐在員の方、海外駐在員の方との婚活が、日本にお住いの方同士との婚活に比べて、難しいのはこの「交際」のステージです。

日本にお住いであれば、毎週にでも直接会うことができます。
ですが海外にお住まいですと、1~2か月に1度会うことができるかどうかなのが実情です。
ただし、今は昔と違って、メールやLINE、実際に顔を見て話しができるスカイプやLINEのビデオ通話など、手軽にコミュニケーションを取れるツールが沢山あります。

実際に、日本にお住いの方同士でも結婚を決意するまでの2~3か月の間に、数回程度しか実際には会わなかったという方も実は大勢いるというのが実情です。
(結婚相談所は恋愛のお相手を見つけるところではなく、あくまでも結婚のお相手を見つけるという、そもそもの意識が違っているというの大きな理由です)

ただ、そうは言っても、海外にお住いの方との婚活で、直接会う機会が少なくなることは事実ですので、そのお二人の「距離」を縮めることがイー・マリッジの務めです。

交際中は、今日のデートの後、相手はどう感じたのだろう?
最近メールの頻度がちょっと少なくなってきたけど、どうしたんだろう?等々、様々な不安やちょっとした心の引っ掛かりを感じることがあります。
特に遠く離れていたらなおさらです。

イー・マリッジはそう言った「心の距離」を埋めるため、お相手の相談所と密に連携をとり、「どう話したらいいのか?」「次にどう進めていったらいのか?」を具体的にアドバイスしていきます。
いつでも会うことができる、日本にお住いの方同士だったら、あえてお二人に任せることもありますが、海外の方との「交際」は、その部分のサポートを徹底的にさせていただいています。

 

 

真剣交際

交際している人を、一人に絞り、結婚への具体的なプランや、意思を固めていきます。

結婚を決意するための最終段階です。

最大「交際」期間3か月、「真剣交際」期間3か月という目安がありますが、実は「真剣交際」の期間は1か月程度の方が圧倒的多いのが実情です。

真剣交際期間は、具体的な結婚後の生活や、結婚式までの段取りを話し合う期間ですので、本当に二人の意思が固まっているのなら、あとはきっちりプロポーズをして、きっちりとそのプロポーズの答えるというステージです。

とはいえ、一生を決める大切な時期ですので、真剣に考えて(でもあまり思い悩まずに!)、なるべく家族や周りの人が祝福してくれる結論を出してください。

 

 

成婚

プロポーズを済ませ、プロポーズを済ませ結婚の約束をします(婚約)
できれば、お互いの家族への報告も済ませておくことをお勧めしています。

一生に一度の大きな舞台です。少しぐらい恥ずかしくても気にしないで、二人だけの一生に残る演出をしてみてください。