【婚活ノート。】謙虚であること

 

美しくあること、凛々しくあること、快活であること、朗らかであること、

どれも、他人から好かれる人の「資質」です。

 

ですが、最もその「資質」を見られるといえる「婚活」においては、「謙虚である」ということが最も重要な資質ではないかと感じています。

 

結婚相談所で婚活している方たちは、皆さん、少なからず自分の結婚の理想のかたちを、ある程度具体的に持っていらっしゃいます。

 

結婚の理想を持つことは、婚活を意欲的に進めていくためにも、夢を実現していくという実感を持つためにも、とても大切なことです。

 

ただ、その理想が、時として自分自身を縛り付けてしまうことがあります。

それは、理想とするお相手の条件です。

 

「絶対にこうじゃなければいけない」「これだけは譲れない」と。

 

その気持ちはとてもよく分かります。
それはそうです、自分の理想の相手と出会いたいから、結婚相談所で活動しているわけですから…

 

 

自分が信じる「お相手への希望」が100%クリアできていれば自分は幸せかもしれません、でもお相手は、あなたと「同じだけ」幸せを感じているでしょうか?

 

結婚は、言うまでもなく、男と女、夫と妻、パートナーである「二人の愛情のバランス」で成り立っていくものです。

 

自分にとってはパーフェクトな条件の相手でも、相手から見た時のあなたは、本当にパーフェクトなのでしょうか?

 

誰もが、好きになっていく過程で、結婚を決意するまで、お互いがお互いの「足りない部分」を埋めていく作業を少なからずしているものです。

 

自分の理想の相手を追い求めていくことは、婚活には大切なことです。
ですが、それと同時に、自分自身も、その相手にとって、理想の相手なのか、パーフェクトな相手なのか、を想像してみて下さい。

 

お互いの「足りない部分」を埋めていけることができる、
本当の意味でパーフェクトな相手に成りえる相手と出会うために、常に「謙虚であることを」婚活では心がけて欲しいと思っています。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。