がんばれ!婚活女子

結婚する時に、絶対に端折ってはいけないこと

 

「飯炊き3年 握り8年」と言われる、寿司職人の世界ですが…

(知ったようなことを言ってますが、ネットで見たのを書いているだけです。笑)

 

数年前から、最短2カ月で寿司職人になれる学校があると話題になっていました。

 

海外で日本食屋さんに行くと、「こんな美味しいお寿司は日本でも食べられない!」と思うことも意外に多かったのですが、「“お寿司をインスパイアした創作料理”と、自分に言い聞かさなければ食べるのは難しい…」ということも確かにあったので…

 

そういった意味では2カ月でも、しっかりプロに教えてもらい、あとはセンスでカバーすれば、「世界中で需要があるのでは?」と、私的には思ったりもしました。

 

要は、今は、昔ながらの修行だったり、わざわざ段取りを踏まなくても、「いきなりメジャーデビューすることも可能な時代になった」、と言えるのかもしれません

(寿司職人の学校の話から、かなりの飛躍ですが…笑)

 

ただ、そんな今の時代でも「絶対に端折ってはいけないもの」があります。

 

それが結婚です!

 

(久々に “THE仲人”みたいなことを言う自分に多少の恥じらいを感じつつも…笑)

 

 

別に修行をする必要はないのですが…、具体的に何を端折ってはいけないのか?というと、「好きになること」をです。

 

特に婚活は恋愛とは違って、あくまでも結婚することを目的としていますので、どうしても「条件」的なことが先に出てきます。

 

結婚というものは、「愛だの恋だの」と、そんな甘っちょろいものではなく「リアルな生活」ですので「条件」はあって構いません。
(訂正:愛だの恋だのも良いものです)

 

むしろ、お相手に対する明確な「条件」があるからこそ、お相手を絞り込んでいけるわけですし、結婚を決断する際の「決め手」にもなるわけです。

 

なので、婚活においてお相手へ希望する「条件」を持つことはMUSTです。

 

結婚の最優先事項

 

絶対に間違ってはいけない、端折ってはいけないのは「好きになること」です。

 

結婚相談所の婚活期間は長くはありません、3カ月からせいぜい半年ぐらいです。

 

ですから「私って、すぐに好きになっちゃうんです!」という人でない限り、「狂おしいまでに恋焦がれて…」とまではならないかもしれませんが…

 

それでも「この人とずっと一緒にいられたらいいな…」ぐらいは『好き』になれます。

 

ならなきゃいけません。

 

 

「条件」よりも何よりも、“それ”が、結婚の最優先事項です。

 

 

『好きになること』だけは、端折ってはいけません。