婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

「運」を掴むために、実は必要な”地道”なこと

 

エンゼルスの大谷翔平選手が高校時代に書いた曼荼羅チャートが、マスコミで取り挙げられることがよくあります。

 

ちなみに曼荼羅チャートとは、曼荼羅模様のマス目を使って、そこに目標を書き、そして、その目標を達成するために必要なことを8つ挙げます。

 

その挙げた8つそれぞれにも、さらに、そのために必要なことを8つずつ挙げていくというものです。
(発想・思考のためのフレームワークです。興味のある方は「大谷翔平 曼荼羅チャート」で検索してみてください。)

 

大谷選手の曼荼羅チャートで特に注目されるのは「ドラフト1位で球団に競合指名される!」という目標を達成するための8つの必要なことの1つに「運」を挙げているところです。
(他の7つは、体つくり・コントロール・キレ・メンタル・スピード160km・人間性・変化球です)

 

そして大谷選手は、その「運」を掴むために必要な8つのものに、挨拶・ゴミ拾い・部屋掃除・道具を大切に使う・審判さんへの態度・プラス思考・応援される人間になる・本を読むを挙げています。

 

メジャーリーグで、スーパースターになった今でも、グランドでゴミを拾う姿がよく目撃されますし、審判やファンへの「神対応」も絶賛されます。

 

本当に、同じ日本人として誇りに思いますし、自分も見習わなければ…と、我が身を顧みたりもします。

 

で、この素晴らしい話を踏まえて思うのは…

 

婚活にも「運」は必要です。

 

「婚活を成功させるため」に必要な8つのことを挙げるとしたら、その中でも最も必要なことになるかもしれません。

 

そして、もし、その「運」を掴むために必要なことを挙げるとすると「ルールを守ること」が入ってくるのではないかと、個人的には思います。

 

結婚相談所にはルールがあります。

 

・お見合い時間は1時間から1時間半程度で終わらせる。

・お相手の婚活状況を聞かない。

・お見合いの席で、お相手の連絡先・下の名前等を聞いてはいけない。

(連絡先の交換は交際が成立した後、各相談所の担当者から知らせます)

等々

 

それは、安心、安全、そして“真剣で本気の婚活”をするためには必要なことです。

 

ですので、結婚相談所で婚活をするからには、そのルールは絶対に守ってください。

 

もしかしたら、「面倒臭いな〜」「子供じゃないんだから〜」「いちいちうるさいよ〜」と、思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、そんなルールも守れない人に「運」が巡ってくるとは思えません。

 

基本的なことを愚直にやっていくことが「運」を掴むことに必ず繋がっていくはずです。

 

(自分が思っているよりも、お相手は、そういうところを見ているものです)