婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

【婚活ノート。番外編】COMING BACK to YOKOHAMA -石井琢朗-

 

いろいろな言葉が、ニコ動のコメントのよう?に、頭を駆け抜けていきますが…

 

一つ抽出するとすれば“感無量”です。

 

「石井琢朗入閣へ」

 

今朝の未明から、各紙で一斉に報道されています。

 

ついにきました、やっときました、この時がきました!

 

2008年のオフに当時の横浜ベイスターズを退団後、カープへ移り、現役引退後はそのままカープに残り、コーチとして3連覇に貢献。

 

その後は家族のためにと、在京のヤクルトのコーチへ、そして何故か?巨人のコーチへ。

 

「どうして“ウチ”には帰ってきてくれないの、お母さん——–!!」という気持ちで、私は、この十数年を過ごしてきました。(?笑)

 

かつて、石井琢朗はベイスターズのスターでした。

 

ベイスターズ(大洋)という、決してメジャーではない球団の中で、紛れもない、本当に希少な全国区のスターでした。

 

かつてのカープの高橋慶彦や、ロッテの水上善雄も(かつて過ぎて…すみません!)マイナーな球団の選手でしたが(今はカープもロッテも大人気球団です、超メジャーです…すみません!)、それでも実力があって、イケメンであれば(私の思いが入ってます。笑)全国区でもスター選手でした。

 

そのベイスターズのスター代表が、石井琢朗でした。

(ちょっと意味不明?ですみません。笑)

 

そのスター石井琢朗が帰ってくる!帰ってきてくれる!

嬉しいです。感激です。感慨深いです。

 

あまり良くは分からないですが、色々あったのだと思います。

 

でも、恩讐の彼方にというか、喜びも悲しみも幾歳月というか…

 

年月と共に、人は許し合える、分かり合えるのだと。

(私の勝手な妄想が入ってます。すみません!)

 

でも、ファンとしてはこんな嬉しいことはありません!

 

今年は、辛い年でしたけど、ホントに最後に幸せな気持ちになりました!

 

 

ちなみに、こちらも元祖イケメン斎藤隆も入閣決定だそうです。嬉しい!

 

昔、プロ野球カラオケ選手権みたいな番組で、GLAYの「HOWEVER」を歌っていて、「こんなかっこいいプロ野球選手がいるんだ!」と衝撃を受けたのが、まるで昨日のことのようで…笑