婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

【婚活ノート。番外編】NEW HERO現る!

 

「いやあ〜、凄い!、凄すぎる!」

 

“NEW HERO”の誕生です!!

 

んっ?なんのこと?と、思われる方もいらっしゃるかと思いますので…笑

しばし、ご説明させていただきますと…

 

横浜DeNAベイスターズの新人牧秀悟選手が開幕から打ち続け、打率4割3分1厘、打点13と現在セ・リーグの二冠王です!(凄い!)

(ちなみにホームランも3本でリーグ2位なので、ほぼ三冠王!?)

 

まだ開幕から4カード、12試合が終わっただけですが、凄いです!

 

 

オープン戦で、とんでもない大活躍だったというわけではなかったのですが…(オープン戦では阪神の佐藤選手の方が圧倒的に目立っていたのですが…)、それでも開幕からスタメン3番に抜擢されました。
(外国人選手不在というチーム事情もありましたが…)

 

初戦、2試合目までは今一つでしたが、それでも三浦監督が信じて使い続けると、3試合目からは、打つは、打つは、ヒット(ホームランも)が止まらない!

 

既に、昨日までに4回の猛打賞!凄い!(何度も。何度もすみません!笑)

 

プロ野球選手として最高のスタートです!(おめでとう!)

 

 

ちょっと話は変わりますが…

「もし阪神に行ってたら、まだ鳴尾浜で投げていたかもしれない…」といった山﨑康晃投手のプロ入り2〜3年目の時のインタビュー記事を思い出して…

 

(山﨑投手はベイスターズと阪神がドラフトで競合しました。*鳴尾浜は阪神のファームの球場のことです)

 

実際には山﨑投手の実力であれば、どのチームに行っても大活躍していたと思いますが、チームの考え方とか、タイミングとか、ちょっとした、運、不運といったものは確かにあったかもしれません。

 

牧選手も同じく、どの球団へ行ってたとしても活躍していたはずですが…それでもベイスターズが「最高のマッチングだった!」と、そうファンとしては思います。

 

横浜DeNAベイスターズにNEW HERO誕生!

 

嬉しいです!