婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

今週の雑感

 

「三浦大輔新監督 初勝利おめでとう!」と、明日のブログにこそ、そう書こう!とスタンバイし続けてきた、この1週間でしたが、我が横浜DeNAベイスターズは開幕から7戦、未だ白星なし…(悲)

 

結婚相談所の婚活ブログでありながら、月に1〜2回(もっと多い?)は、プロ野球、ベイスターズのことを書いてきましたが、基本的には「いいこと」しか書かないということを原則としてきたのですが、今日は敢えて、鼓舞する意味も含めまして…

 

巷では、新人監督の開幕連敗記録がどうだこうだ、といった記事も散見されたりしますが、そんなことは気にせず「いつか必ず勝てる!」という、“超あたりまえ”のことを信じて皆さん頑張りましょう!
(誰に向けて言ってるんだ?という感じですが…笑)

 

「暗くて、長くて、先の見えない、このトンネルから抜け出すことなんて、一生できないのではないだろうか…」と、生きていると、そんな気持ちになったりすることが、1度や2度は必ずあるものです。

 

ですが、その経験があるからこそ「いつか抜け出せる」ことも知っている。「辛いのは今だけ」だど信じ切れる。

 

それを経験している、オールド ベイスターズファンは「強い」と言うことを、敢えて声に出して自分に再確認しておきたいという気持ちもありまして…

 

がんばれ!

 

 

昨日、俳優の田中邦衛さんが亡くなられたとの報道がありました(合掌)

 

私の世代は、まさに「北の国から」世代で…

幼少の頃、親の転勤で数年、北海道に住んだということもあって、北海道に移住して、成長していく純と蛍の姿には、何だかシンパシーを感じるところもありまして。

 

「北の国から」について私がどうこう語るのも僭越ですが…、連続ドラマ(本編)の中で、UFOと交信できるという純と蛍の学校の先生がいて、最後は、その先生がUFOに乗ってどこかへ行ってしまうみたいな…エピソードがありました。(うろおぼえですが…)

 

私も北海道に住んでいた時に、富良野の湿原を訪れたことがあって、その時、子供心に「UFOでも降りてきそう」と思った記憶があって…

 

北の国からの中では、ちょっと異質な感じのエピソードではあったのですが、その自分の記憶と相まって、なんだか妙に印象に残っています。

 

今日の夜、田中邦衛さんの追悼場番組ということで「北の国から“87初恋」が放送されるとのこと。

 

個人的には、ドラマスペシャルの中でも、最も名作だと思っていますので、見てしまうかと…
(できれば、デーゲームでベイスターズが初勝利を挙げて気持ちよく…)

 

 

最後に…(まだあるんかい!と言う感じですが…すみません)

 

有吉弘行さん、夏目三久さん結婚おめでとうございます!

(結婚相談所に携わるものとしては、どうしても触れざるをえなくて…)

 

良いことも、悪いことも、楽しいことも、悲しいことも、色々ありますが…

なんだか、嬉しくなる、心が暖かくなるニュースです。

 

有吉さん46歳、夏目さん36歳と、年齢を聞くと、ちょっと驚いたのですが…
(お二人とも、怒り新党の時のイメージのままだったので…)

 

結婚相談所的?にも、世の中にとっても素晴らしいことで…

 

『人は、その時が来れば結婚する』

 

 

おめでとうございます!